5年間の遠距離恋愛を経て 現在は遠距離結婚中。   遠距離夫婦の片割れの日々の記録です。同居までの細道はまだまだ続く・・・


by asahi-kanzou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

クラインの壷

By 岡嶋二人

相方から「岡嶋二人の最高傑作!」と言われ与えられた本。
c0048789_2284175.jpg

ちなみにタイトルの意味は、
メビウスの輪の四次元版らしい。
表が裏になり裏が表になり・・・
現実が虚構になり虚構が現実になり・・・

内容詳細はこちらから↓↓
Amazon「クラインの壷」

感想としては、まぁ、相方が好きそうな感じ。
いや、話自体は凄く面白いです。
最後の最後まで引きこまれるし、ページを繰るのすら
もどかしいほど夢中になれます。
そして、最後の1行を読み終えた瞬間に
「え~!ここで終わり??結局、どっちなの???」
と大声で叫びたくなる感じです。

私的には「99%の誘拐」とか「焦茶色のパステル」の方が、
好きです。(ともに岡嶋二人)
そうなのです。私は、最後の結論がわかりやすくないと
消化不良な感じになってしまうんですよね~。
いや、余韻は欲しいんですが

この読書の嗜好の差はなかなか埋まらないです。
(だから、本当はお薦めしてもらわなくて良いんだけど(笑)。
最後まで一気に食べ尽くして消化不良は苦しすぎるので・・・。)

私が許容できるギリギリの消化不良系はここまで。
「ハサミ男」(By殊能将之) ↓
c0048789_22172291.jpg

これも相方のお薦めだったんですけどね。
最後まで一気に読んで「え?解決?してないよね?」(笑)

消化不良系(謎を残して終わる系)お好きな方にはお薦めの2冊です!

でも、私は明日から、また、
消化すっきり系サスペンス&ミステリー」に戻りたいと思います♪
[PR]
by asahi-kanzou | 2005-05-19 22:38 | 読書の細道