5年間の遠距離恋愛を経て 現在は遠距離結婚中。   遠距離夫婦の片割れの日々の記録です。同居までの細道はまだまだ続く・・・


by asahi-kanzou
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

人生の転機?

昨日、社会人2年目の人から
少し相談を受けた。
テーマは転職について?かな。

私も転職経験者だということ。
それから仕事柄。
あとは長女気質(?)。
こんなところから、この手の相談は良く受ける。

そして、この手の相談を受けた時、私がよく言うのは、
倒れるときは、前向きに!」

これは、今では、みんな転職してしまった
(その口火を切ったのも私でしたが)
以前の会社の同期の間での合言葉。

自分が描く将来像に、この道を行っても辿り着けないことを悟ったとき。
自分の職場環境にどうしようもないほどの不信感が募ったとき。
仕事がきついとき。
職場での人間関係がきついとき。

それぞれ、転職を考える状況は違うでしょう。
でも、どんな人にもこの合言葉は当てはまる。と思っている。

「転職」なんかの「転機」は
必ずしも「転」がり込んでくるものではなく。
自分が「転」ぶことも覚悟でないと時としてままならない。


彼の場合、自分の仕事内容に不満はないものの
その職場での自分の将来像が描けない。
ということらしい。
で、実はチャンスも見つけつつあるようで。
ただ、今の職場の人にも恩義は感じていて・・・
と言うことのようだけど。

そういう「前向き」な転職は良いと思います。
後ろ髪を引かれるものと前髪を引いてくれるものと
今はそのバランスがとれてなくって悩むんだろうけど、
いずれ自分の気持ちがどちらかに振り切れてくれると思うよ」
と言ったら
「そっかぁ。でも、早く振り切れてくれないかな。
そろそろ前髪、やばいんですよね~。」
とちょっと広くなりかけているのかもしれない
おでこに手を当てて、笑っていた。

もっと楽していたい!
というような我侭な理由から簡単に仕事を辞めてしまう人も多いと聞くけど、
自分の人生を自分自身で真剣に考えて
自己実現の方法を地道に実践しようとする
彼は
学生時代にあったときよりも、格段に大人になっていて、
私は「社会人」と言う言葉の意味を教えてもらえた気がした
[PR]
by asahi-kanzou | 2005-05-21 12:31 | 日々是細道