5年間の遠距離恋愛を経て 現在は遠距離結婚中。   遠距離夫婦の片割れの日々の記録です。同居までの細道はまだまだ続く・・・


by asahi-kanzou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

子供連れでも楽しめる!お薦め北海道ツアー・・・??

この連休中は妹&姪っ子が遊びに来ておりました。
癒されたかどうかはわかりませんが、
(何せ、抱っこ&肩車で両腕ともにやたらと重い・・・)
楽しかったです♪

子供にも喜ばれる(?)札幌近郊観光スポットは割と全部押さえたと自負しております。
(おかげさまで「伯母ちゃんっ子」一人完成しました【笑】)
ちなみに姪っ子は、ほぼ1歳(今週誕生日)なので
長時間のドライブは極力避けるよう工夫したプランにしてみました。




1日目 小樽方面
海水浴場
 一応、混雑していそうなドリームビーチは外しました。
 でも時期的にちょっと早かったのかあまり人はいなかった。。。
 人生初の海は姪っ子かなりの恐怖だったようで……失敗??
(足を水に近づけると号泣→離れると興味津々で一生懸命覗きこむ の繰り返し)
余市で果物狩り(イチゴ&さくらんぼ)
 これは大成功でしたね。私と姪っ子で半分に分け(種を取り出し残りをあげる)て
 食したのですが、食べた個数私と変わりませんから~。
天狗山
 おむつ交換と途中休憩の意味での寄り道コース。
 シマリスを間近でみたり、高いところからの景色も、刺激的だった様子。
かま栄見学
 ここは私たちの買い物目的ですが。工場内で魚肉が練られているところなんかに
 かなり興味を示しておりました。チーズちくわに興味をそそられていたので
 買ってあげたら、食べようとして落としやがった。

2日目 富良野へ宿泊
札幌さとらんど
 出発してすぐにぐずり始めやがった(笑)ので急遽寄り道。
 車を降りたと同時に上機嫌。(どないやねん!)
 羊には手を伸ばすも、馬は怖い様子。(おそらくサイズの問題ですね)
芦別
 ここは観光地ではありませんが、しかも経路的に通らないでも良い場所ですが
 うちの父の出身地で、妹も行ったことがない場所なので無理矢理通りました。
 名物の含多湯(がたたん)ラーメンを食しましたが、父はこの料理を知らないそうです。
 炭鉱時代の料理らしい。
富良野
 妹が富良野宿泊を希望したのですが、この時期の富良野は混んでいるんだろうなぁ…
 と覚悟していたつもりが想像以上に渋滞していました。
 ホテルにチェックインした後はロープウェイとニングルテラスの散策のみ。
 すまん、妹。でも「北の国から」のファンでもないのに富良野を希望する君も君だ
 そうそう、ロープウェイで上った先にまだ一山くらいの雪が残っていて
 これを姪っ子の手に乗せてあげたらびっくりしていた。(冷たいから?)

3日目 旭山動物園など
旭山動物園
 姪っ子人生初の動物園がここ。う~ん贅沢なデビューだ。
 旭山動物園の策略にまんまとはまりました!!!って感じの反応でした。
 そうそう白熊館の水槽側ではイワン君とルルちゃんが並んで休憩中だったのですが
 私が「イワンく~ん」と叫びながら姪っ子の腕をバイバイさせたら
 横になったままイワン君が左手(前足?)を微かにバイバイしてくれたのです!
 偶然かもしれないけど。目もばっちり合っていたので、イワン君が応えてくれたのだと
 信じたいと思います。
北竜町 ひまわり畑
 もうオープンはしているはずと思い寄ってみたら
 オープンはしているものの満開まではまだまだ・・・
 数本咲いているだけでした。残念!!!

4日目 札幌市内
大倉山
 リフトと展望台がメイン。
 冬のスポーツ体験コーナーは私と妹がメイン(笑)
 今回の旅、全般を通じて、姪っ子は高いところが好きらしい。
 ○鹿と偉い人は・・・って言うからなぁ・・・後者だと良いけど。

豊平峡ダム
 なんかやたらとテンションがあがっていた。
 マイナスイオン効果?(それなら落ち着くのか?)
 まぁ、きっと森林浴がお気に召したのでしょう。
公園デビュー
 私の友人のお子さん(8歳&2歳)に遊んでもらう。
 最初は、靴を履いて歩くのも恐る恐るだったのが、
最終的にはここ一番のハイテンションを披露してくれました。

この間日帰り温泉(北のたまゆら)に行くこと3回。
(何でもアトピー体質で湿疹のひどかった妹の症状がだいぶ良くなった様子)
向こうではなかなか身近に温泉がないようなのでこれは妹のほうが大喜びでした。

運転疲れと抱っこ&肩車疲れに襲われ、
毎日、姪っ子時間で眠りについてしまいました…
[PR]
by asahi-kanzou | 2005-07-19 21:32 | 日々是細道