5年間の遠距離恋愛を経て 現在は遠距離結婚中。   遠距離夫婦の片割れの日々の記録です。同居までの細道はまだまだ続く・・・


by asahi-kanzou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

自分の役割と場をわきまえて行動するということ

昨日は大学時代の友人の結婚式にお呼ばれしてきました。
今はやりのレストランウェディングでした。
(去年から行った結婚式は全部レストランですよ~ 除く・自分達の式)

行く前までは、
・(北海道では珍しい)招待制
・(私がこれまで招待された友人の結婚式では始めての)媒酌人あり
・新郎が医者(これは明らかに偏見ですが)

と言うことで、ちょっと堅苦しいのを想像していたのですが

全くそんなことも無く。大変楽しい1日でした!

って言うか、本当、最近の結婚式は全然「決まった形式」ってのは無いんだなぁ・・・
と。(まぁ自分達のも形式破りでしたけどね)

どんな感じだったかと言うと・・・

1.ウェルカムパーティ
受付けで10年後の2人へのメッセージカードを貰うので
このパーティの間にそれぞれそのカードを記入。

2.人前式
書いたメッセージを参列者1人1人が直接新郎新婦に手渡し
最後に新郎新婦がお互いに10年後の相手に書いたメッセージを
全部1つのボックスに入れ、鍵を掛けると言うのがメインイベント。
(その鍵は参列者の中の1名が預かることに)

3.パーティ
これはもう1つのエンターティメントって感じでした。
テーマは船上パーティ。マジックショーあり。ダンスタイムあり。
ファーストバイトは目隠しして。デザートビュッフェあり。
などなど。盛り沢山!

4.会場からのサプライズ企画×2
新婦は大学時代競技ダンスをやっていたので、
自分の結婚式でみんなで踊るのが夢だったらしく。
でも打合せで、スペースのことなども考え「みんなで」は無理だろうと断念した背景あり。
結果、一曲を新郎新婦で踊ることに(新郎はド素人なのでかなり練習した模様!)。
でも本番はその曲が終わったあと、何故か音楽がもう一曲始まり、
会場の人たちも席を立ちそれぞれ勝手にペアを組んで踊りだし
最後にはみんな手をつないで輪になって踊りましたよ~。

もちろん私たちも!(全く形にはなってなかったけれど。)
新婦の夢だと聞けば、そりゃ踊りますよ!って感じで(笑)
で、もう1つは最後に新郎新婦が一礼して顔を上げると
参加者の半分くらいの人たちが、それぞれバラの花1輪をもって
新郎新婦のもとに駆け寄り手渡し、
花を持っていない人は自分達の席で起立して拍手!

(サプライズ企画については、新郎新婦中座中に説明がありました)






まず、人前式でのメッセージカードを手渡す際、司会の方から
「渡す時にはみなさん何かアクションをお願いします」とのこと。
・・・アクション??・・・
私たちに緊張が走ります!しかも手渡すのは後方に座っていた私たちから!!
必死に頭を絞り、
「幸せになってね!」の言葉に合わせて
2人の腕を合わせて大きなハート型を作ったり
ひざまづいての求婚スタイルで
「姫!ご結婚おめでとうございます!」と渡したり

新郎新婦も爆笑してくれて、私たちも大満足。
一仕事終えた~みたいな満足感で席に戻り、私達が見た物は・・・
握手やハグを交わしながら、普通にカードを渡す参列者の方々・・・
もしや、私たち、「アクション」の意味間違えました???(爆)

でもって2次会では、「変顔選手権」が開催されました。
これはポラロイドカメラで変顔を取り合い会場に飾り、参加者が投票すると言うもの。
ここでも超気合の入った私たち。
超ドアップ!しかも元顔が全くわからないほどの変顔ぶり。
しかし、その後飾られた写真を見たところ、
他の女性陣はそこそこ可愛らしさを残したものばかり!(豚鼻とかのね)
そりゃ、私たちが上位独占するのも当然の結果ですよ(笑)

まぁこんな私たちの活躍ブリ。他の参列者は引いていたかもしれませんが(笑)
新婦は大喜び。「想像以上ですごいよかった~!」とのことで
私たちとしても
「自分達の役割を充分認識した、場をわきまえた行いが出来た」
と自我自賛です♪


それにしても

2次会終了後、会場に忘れられた引き出物の袋。名前札を確認すると
飛行機の時間があるからと途中退出した私たちの仲間内の1人(苦笑)。

その後仲間内でお茶しにいく事になったのですが1人はこの後
友人と会う約束があるからと先に分かれたのですが、30分後くらいにメールが・・・
「逆の方向への電車に乗っちゃったよ。ど~しよ~」(失笑)

そしてさらに、お茶しながら盛り上がるうちに最終便の飛行機で帰る予定の友人が
飛行機時間を勘違いしていたことが判明。乗換時刻検索するも、厳しい時間??
途中で空港に電話をしたようですが
電車の到着時間は飛行機出発予定時間の7分前
(通常のチェックインは15分前までです)
空港につくと、飛行機会社のお姉さんが迎えに来てくれていたらしい。
そんなVIP待遇の割には、もちろん猛ダッシュ!
(爆笑)

なにかい?私たちの間では1人1ネタがノルマかなんかなのかい?
と思った1日でした。
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-01-30 21:54 | 日々是細道