5年間の遠距離恋愛を経て 現在は遠距離結婚中。   遠距離夫婦の片割れの日々の記録です。同居までの細道はまだまだ続く・・・


by asahi-kanzou
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イライラ病

最近、すっかりこの病気にかかってしまっているようです。

これまでだったら「事勿れ主義」にかこつけて
流していたことが流せなくなっている気が。
自分に余裕がなくなっているってことなのでしょうかねぇ~。
いかん!いかん!


症例その1。ある日のファミレスにて・・・
友人たちと食事中、途中で1人増えることになり、座席の移動をお願いする。
ウェイトレスのお姉さん、超不機嫌そう・・・
いや、でも、無理を言ってしまったのも事実だし。ってことで
気を使って(?←食べたかっただけかも)デザートを追加注文。
でもやっぱりお姉さんは不機嫌そうなまま
テーブルの上の伝票を持っていってしまいました。
追加分の打ち込みとかあるのかしら?って感じで気にもとめず
そのままデザート片手に雑談。
で、そろそろ帰ろうかって頃になっても伝票が戻ってこない
やっぱり不機嫌そうなお姉さんに「すいません伝票をお願いします」とお願いすると
「少々お待ちください」と奥に行きましたが、やっぱり伝票届かず。
しかも気がつけばお姉さんは普通に他のテーブルの下げモノとかしている
いや、でも店長とか上の人が慌てて打ち込んだりなんかしているのかも!
ってことでそのまま待つことに。そして20分経過
お姉さんからはやはり何の説明もないまま20分!
シビレを切らして出てきました。レジで「伝票来てないんですけど」と言ったら
レジ担当のお兄さんがスグに奥から私たちの伝票を持ってきてくれました。
っていうか、あるんじゃん!!・・・呆れる私たち。
捨て台詞で「伝票頼んでからダイブ待たされたんですけど」と一言言ったら
お兄さんが平身低頭で謝ってくれました
(が、それには答えずさっさと背中を向けて出てきた)
って言うか、お兄さんは全然悪くないんだけどね。
悪いのはお姉さんと私たちの機嫌であって・・・
本当はあのお姉さんに言ってやりたかったのですが
(←オイオイまだ言う気かい・・・)

私たちが席を立った時は接客中だったので言えなかったのよ。
一度でいい、あなたの笑顔が見たかった・・・」って。(嘘です)


症例その2.職場にて・・・
これは詳細は省略しますが、簡単に言うと
私は、言わなくてもこれくらいわかっているでしょ?
と思っていたレベル(=常識?)のことが、相手はわかっていない!ようなので、
「(あなたの)状況を説明すると・・・」と極力冷静に、かつ論理的にキレてみた。

(ちなみにこっちサイドの人間はみんな、キレて止む無しとの判断です)
が、しかし、言ったらわかってくれるかなぁと言う期待すら玉砕。
言ってもわかってもらえなかった(涙)

と言うか「機嫌悪い?」と返され唖然。立場上言わなきゃいけないと思って言ったけど
言わなきゃよかったよ。ニホンゴノツウジナイヒトニナンテ。






症例その3。夫婦の問題・・・
これも詳細は省略。っていうかあまりにも恥ずかしくて書けません(笑)
同居に向けた基本スタンスは一緒なモノの
そのベース部分で相方と私の意向が全くズレていると言うことが判明。


相方の意見は私には「常識的に考えて有り得ない」ことなんだけど
私の意見は相方には「わがまま」と思われているらしい。


最近はこの話になるとどうしても喧々囂々・・・
なので触れないようにしています。

まぁ今すぐ結論をって言うことでは全然ないので

しかし、この話をした人はみんながみんな私の意見に同意してくれるんだけどなぁ。

相方母と会う機会があったのでちょっと相談してみたら、やっぱり
相方の意見は「有り得ない!」と言っていたし。
さらに、相方意見を通したら「離婚の危機だ!」まで言われました。
(相方意見を採用の場合であり、現在の所、全く危機はありませんが)
「まぁ時間をかけて説得してちょうだい」と言われましたよ。

先日相方両親が夫婦喧嘩した時に弟君が仲裁してくれて
「この子を産んで本当によかった!」と思ったという相方母ですが
今回の話を聞いて
「とんでもないのを産んでしまった!」
と叫んでました(爆)

う~ん。根幹を隠すと何だか訳分からない感じだなぁ。
恥を覚悟で暴露しちゃうと・・・(でもやはり恥は隠してこそってことで反転!【笑】)
同居の目途は見え隠れしつつあるのですが
とりあえずその最初の一年間限定での住まいを
引越しして新しい部屋を探す(私の意見)か
現在の相方の部屋(間取り=1K。しかも5.5畳!)に住む(相方の意見)か。

ってことです。ね?有り得ないでしょ??(笑)


でも、こうして、まとめてみると。
みんなそれなりにイライラしても致し方ない状況なのではないかと。
って言うか、そんな状況が続くってどうよ?ってことなのではないかと・・・


・・・いや、そんなわけは・・・
いかん!いかん!何せ今年は、幸運期、幸運期!!
(いい加減、諦めろよ!自分!!)

[PR]
by asahi-kanzou | 2006-02-20 19:02 | 日々是細道