5年間の遠距離恋愛を経て 現在は遠距離結婚中。   遠距離夫婦の片割れの日々の記録です。同居までの細道はまだまだ続く・・・


by asahi-kanzou
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

旅行3日目

c0048789_21572436.jpg

南国気分満載で石垣島の市場で買ったパッションフルーツ3個
(店番のおばぁが1個350円を3個で1000円にしてくれた!)
私が2個、相方が1個食したのですが
よりによって相方の1個だけが「ハズレ」だった模様
ハズレのパッションフルーツは驚異の酸っぱさ!皆様ご注意を!


それでは、さらに気を取り直して
離島巡り最終日は石垣島観光

石垣島の数々の観光地には脇目もふらず
我々が向かったのは、相方の今回の旅、最大の目的地
島田紳助さんの喫茶店「トムル」

市街地からタクシーで約1時間。
タクシーの運転手さんに美味しいパッションフルーツの見分け方を教わりつつ
(まぁ、もう遅いけどね)
向かいました。紳助さん人形とも記念撮影をすませ
名物ビビンバも食し大満足で店を出ました。

で、続いても相方の大好物企画「ローカル路線バスの旅」

しかし、今回利用の路線バスは1日3往復のみ!
目的地は石垣島最北端・平久保崎

ところで私たちが乗った路線バス。
車内放送がなぜか普通のラジオ放送。
しかも聞こえてきたのは
「クリスマスキャロルが聞こえる頃には」(BY稲垣潤一)
・・・今って5月だよね?と言う私たちの声が聞こえたのか、否か、
続いてのナンバーは、新学期のこの季節にふさわしく
「ハイスクールララバイ」(BYイモ欽トリオ)

タイムスリップしたかのような閑かなバスに乗り
いよいよ目的地に到着!

しかし、先程も言った通り1日3往復の路線バス。
つまりは降車したバスの折り返し便に乗らなければ、悲惨な出来事が・・・

私たちに与えられた時間は20分。
平久保崎まで往復約2km!
運転手さんの「走らないと間に合わないよ~」との声援を受け
体に鞭打ち、走る走る新婚旅行。
さっきの閑かさはどこへやら。
息も絶え絶え、汗だくだくで、なんとか一瞬の見学を終え、
予定時間ジャストに到着!
帰りのバスに乗り込むと、さっきの運転手さんに
「灯台、見れたかい~」と暖かく向かい入れられました。

あ、ちなみにこの路線バス、停留所は、ございません!
「停留所はどこですか?」と地元の方に聞いたものの
「この辺は、手上げれば止まってくれるさ~」
と、言うわけで誰からも停留所の場所聞き出せず・・・。
(いや、一応停留所はあるんだけど、実際には乗降場所はどこでも良いらしい)
そんなわけで、今回の乗降車は全て普通の道端で行いましたよ。
やはりこのユルさが魅力ですね~。

離島万歳!

しかし、お名残惜しいが明日からは本島観光。

夕方那覇入りしましたが、離島から来ると、大都会です。
コンビニシーサーが懐かしぃさぁ(笑)
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-05-02 21:57 | 新婚旅行への細道