5年間の遠距離恋愛を経て 現在は遠距離結婚中。   遠距離夫婦の片割れの日々の記録です。同居までの細道はまだまだ続く・・・


by asahi-kanzou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ジゴロへの細道

さて、昨日。
ライフワーク(?)の日帰り温泉施設探索の一環で
相方母と札幌東区にできたAlio札幌の温泉に行って参りました!

休日だと言うのに、温泉(と言っても人工温泉なんですがね)はガラガラ!
大丈夫か?Alio?と余計な心配をしつつ、塩サウナや岩盤浴にいそしむ私たち。

相方母は「リフレッシュしたわ~」と元気回復しておりましたが
は汗をかきすぎたのか、運動し終わった後のような疲労感
50代と20代の感想としては反対なのでは?って感じですが
これが、毎日数kmを自転車で通勤している相方母と、
文明の利器(=車)に頼りきった生活をしている私との違いなのね~と
ちょっと納得。

いや、それなら塩サウナか岩盤浴のどちらかで良いじゃん?って話なんですが
沖縄での(食)経験がしっかり身に付いてしまった我が夫婦(各自+1~2kg)。
やるならやらねば状態なんですよね~(嘆)

さてさて、そんな温泉で私は出会ってしまったのです。
彼の名は、ジュン君(推定年齢3歳)。
水飲み用のコップを取ってあげたのが私たちの出会い。
水を汲もうとしていたら、「俺がくんでやろうか?」と私のコップを手に取り・・・
・・・いや、ジュン君、くんでくれるのはありがたいけど、君、明らかに背伸びしてるよね?(笑)
そんな素敵な彼と2人で並んで水を飲んでいると
「俺のことは気にしないでいいから!」とか
「おかわりしないでいいの?」って、君は本当に幼児なのか!!てくらい大人びた口調。

で、私のところにくる前には
施設の係のおばさんが各お風呂の温度チェックにも付き合っていたらしく
そのおばさんが再度登場し「さっきはありがとうね~」なんて言ったら
「また手伝ってあげてもいいよ?」から始まり
おばさんが「本当?また来てくれるの?」なんて言おうものなら
ジュン君(推定年齢3歳)曰く
「でも、ちゃんと、俺のこと待ってないとダメだからな!」


あんた、絶対立派なジゴロになれるよ!!
おばさんと私、大爆笑・・・


その後、相方宅で夕飯をご馳走になったのですが
そう、昨日は、母の日。
相方母が、相方弟に、「ダイエットにウォーキングをしたいから」ってことで
ウォーキングシューズをおねだり。
相方弟、答えて曰く
「歩くよりも、そのビールを辞めた方が効果があるんじゃね~の?」

やはり、相方兄弟にはジゴロへの道は閉ざされているようですよ(笑)
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-05-15 23:17 | 日々是細道