5年間の遠距離恋愛を経て 現在は遠距離結婚中。   遠距離夫婦の片割れの日々の記録です。同居までの細道はまだまだ続く・・・


by asahi-kanzou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

夫婦の時間

痛みに耐えて30年、良く頑張った!感動した!



本日、我が両親は結婚30周年の真珠婚式を迎えました。
(冒頭の文は私が送った祝電の文面(←おい!娘!!笑))






30年。


私の生きてきた時間よりも長い時間を(←当たり前だろ!娘よ!!)
共に過ごしてきた2人。

娘の目から見ても、それは決して平坦なだけの道ではなく。
3姉妹もいよいよバラバラになってしまうのかと
恐々とした日もあったようななかったような・・・

でもきっとそれはどんな夫婦にも訪れるものなのでしょう。
(自分が新婚のこの時期にそう覚悟が出来ているのも
両親の弱い部分も1人の人間として娘達に見せてくれていたからなのかも)

新婚当初の危機も子育て期の危機も熟年離婚の危機も乗り越えて
そして子供達もそれぞれに結婚や就職で実家を巣立ち、
現在の2人は私から見ればとても素敵な関係です。

が。

仲良し夫婦=いつでも、何をするのも一緒。

なんてことは決して無く

むしろバラバラな2人

母は自由奔放に飲み会や旅に飛びまわり
その間、父は家でのびのびと過ごし。


それでも母のボケには誰よりも鋭くツッコミを入れる父
その後、逃げていく父に台拭きを投げつける母(笑)

その台拭きを投げつける時の母の何とも言えない笑顔が
相方に言わせると「愛」らしいですよ。(←なんだよ、その「愛」!)

勿論、いつでも何をするにも一緒の仲良し夫婦も素敵ですが

私としては、お互いの時間の過ごし方をそれぞれ尊重しつつ
2人の時間も楽しめたら、そっちの方が全然素敵。


飲みに出掛ける母を父が送っていくなんて、
世間の「普通」からしたら逆なのかもしれないけど。

夫婦のバランス(=関係?)なんて、夫婦の数だけあっていいはず。

そして、自分たち夫婦のベストバランスを見つけるってことが
結婚生活の命題のようなモノなのかもしれません。


私たち夫婦も、遠距離結婚という
世間の「普通」とはちょっと違うスタートを切りましたが、
私たちなりのベストバランスを、これから探っていければよいのだと思います。

はてさて、2035年の私たちの真珠婚式、
私たち夫婦はどこで、どんな風に迎えてるのでしょうか?

やっぱり一周年同様、忘れている可能性、
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-07-14 22:58 | 思考の細道