5年間の遠距離恋愛を経て 現在は遠距離結婚中。   遠距離夫婦の片割れの日々の記録です。同居までの細道はまだまだ続く・・・


by asahi-kanzou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

我が家の「3本の矢」事情

さて、2007年。今年は我が父の還暦&退職の記念の年

既に三姉妹全員が家を出てしまっているわけですが、
ここは1つ、3人で何かお祝いをしようじゃないかと。
メールにて妹2人にアイデア募集の告知。

まぁ、次妹の仕事の関係上、全員集合は無理だろうとは思っていたのですが
その次妹本人から「私以外で集まったら?」と提案してくれたので。

子供二人抱えた末妹に「3月(父の誕生日)に仙台に行ける?」とお伺い。

すると、その返信で、なんと
「3月には法事があるので、仙台に帰る予定でした」と。


はぁ?!法事?!?!私、聞いてないし!!!


いや、待てよ。落ち着け自分。
末妹の旦那も宮城出身。きっと婚家関係の法事なんだよ!と自分に言い聞かせ
再度メールにてその辺、さりげなく直球質問。





・・・・・・・・
心のどこかで覚悟はできていたものの、法事は我が実家関係でした。

と、言うところで次妹に報告。
(もちろん次妹も聞いてはいない。でも彼女は仕事の関係上イタシカタナイ)
二人の結論。

「孫だな」

(えぇそれはもう9割9分それですよね)


とりあえず、両親に還暦祝いの企画を持ちかけてみて、
その時に法事の話でなかったら、この企画はやめるか?

と半分本気で話しつつも、まずは私から両親へ今回の企画をご提案。


結果。

法事の「ほ」の字も出やしねぇ!!


・・・・・・・・
傷心の私(笑)の元へ、両親への電話が終わるのを待っていたかのように
再度、次妹から電話。

「法事の話、あった?」(←予想できていたのか、なぜか、うれしそう
「・・・いえ、全く・・・」

そこは、
いつも心に太陽を。
くちびるに歌を。

傷口に塩を。


を家風とする我が家族ですから。

次妹、やけに張り切っておりまして
「お姉ちゃんの為に、私が一肌脱いであげる!法事の話、聞いてみよっと!

・・・・・・・・
で、母から事情聴取をしたらしくまたまた結果報告の電話が。
曰く
私は遠隔地(海挟んでいる)、末妹は陸続き。
(→私は飛行機一本、末妹は電車の乗換、結構面倒)
私は仕事がある、末妹は専業主婦。
(→私の仕事も休めない時期ではない)


さらに、母曰く
法事の日程がまだ正式には決まっていないから。

これには、次妹&私、失笑。
日程正式に決まっていないのに、末妹(っていうより、ぶっちゃけ、)
には既に声かけてんじゃん!!!

本日の結論。
1本の矢は、すぐ折れます。
2本の矢も、簡単に折れます。
3本の矢は、なかなか折れません。


が、そこに孫があらわれると、結構、簡単に折れます。

[PR]
by asahi-kanzou | 2007-01-17 23:35 | ネタ帳的細道