5年間の遠距離恋愛を経て 現在は遠距離結婚中。   遠距離夫婦の片割れの日々の記録です。同居までの細道はまだまだ続く・・・


by asahi-kanzou
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

大人読み

やべぇ・・・はまった・・・

実は、来年には同居をもくろむ我が夫婦。
しかし、2人とも割と本好きだったりして、
それぞれの部屋の本棚は既にイッパイイッパイ。

と、言うことで同居に向けて極力、本は買わない方向で
(図書館利用)
なおかつ、同居前には一度リセットしようと計画中。
(古本屋に売る予定)

だがしかし、そんな計画に向っていたはずなのに。
この2週間弱で既に約10冊くらい買ってしまっています。






重松清

c0048789_20099.jpg

c0048789_2014833.jpg

c0048789_2005394.jpg


これまで読んだ本の代表的なパターンとしては3つ。
1.中学生や高校生のお話。(エイジ)
2.40歳前後の人が主役のお話。(ビタミンF)
3.1の世代の子を持つ2の世代の人のお話。
 (小さき者へ)


1.の世代も2.の世代も私には該当しないけど
この人の本を読んでていて、思うことは、
自分が1の世代だった頃の感性というか感覚というか
そう言うのを忘れずにいたいなってこと。
もちろんあの頃の感性のままだと、正直、結構イタイんだけど(笑)
いつでも思い出せて取り出せるみたいな、そんな状態にはしておきたい


そして、2の世代の感覚が何となくわかりかけている今日この頃。(やべぇ)
そして、いつか3のパターンに該当したい(笑)者として。
教科書代わりにしております

どのパターンを読んでも、なんだか凄いリアル感のある話ばっかりで
(いや、もちろん現代の中学生とか、40歳とかリアルなのかどうか
私には判別できないものばかりなんだけども。

多分、いや、きっと、こういう感覚なんだろうなぁって感じ)
身につまされると言うか、泣けると言うか・・・

多分、まだまだ買いこんでしまいそうな予感。
[PR]
by asahi-kanzou | 2007-04-09 20:17 | 読書の細道