5年間の遠距離恋愛を経て 現在は遠距離結婚中。   遠距離夫婦の片割れの日々の記録です。同居までの細道はまだまだ続く・・・


by asahi-kanzou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2006年 06月 27日 ( 1 )

老人介護への細道

先日我が母から、コントのようなネタを頂いた。

休日。昼食後の昼寝から起きてきた我が父。
「俺、昼ご飯、食べたっけ?」

・・・これがいわゆる初期症状かと青ざめた母。

・・・の割にはしっかりネタにしている母

で、昨日。
今度は相方母と脳年齢やら老化脳などの話になり
我が父のネタを披露してみた。
(・・・さらにしっかりネタにする娘・・・)

が、しかし。

相方母、全くウケず。
・・・これがいわゆる「スベリ」症状かと青ざめる嫁。(←オイ!)

相方母曰く
「実は、うちもなんです!!!!」

はぁぁ!?!?!

聞けば、
とある休日、10時過ぎにブランチのつもりで
相方父にしっかり食事をとらせたのに
昼過ぎにリビングに下りてきた相方父が
「かあさん、飯」
・・・これがいわゆる初期症状かと青ざめた相方母。

ってなことがあったらしく。

「どこの家でも一緒なのね!安心したわ!」
と、急に元気になる相方母。

いやいや、お義母さま!
どこの家でもって、実例 2件だけですやん??

その夜の電話では
「あの人達、危ないんじゃないか?!」
と青ざめる長男長女な我が夫婦。

ちなみに我が家の祖母は、現在グループホーム入所中。
先日、何を思ったか
「7月から、kanzou父が転勤で、このホームに入ることになった」
と言っていたそうだ。
(ちなみに我が父の仕事は老人介護全く関係いたしません)

あぁ、ばあちゃん!
それも「ボケ」ですか?それとも「予知」ですか??


だがしかし・・・
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-06-27 20:37 | ネタ帳的細道