5年間の遠距離恋愛を経て 現在は遠距離結婚中。   遠距離夫婦の片割れの日々の記録です。同居までの細道はまだまだ続く・・・


by asahi-kanzou
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:日々是細道( 102 )

アルゼンチンへ・愛 2006

いよいよ始まった決勝トーナメント。

日本時間 朝4時から始まった試合では
相方応援のアルゼンチンが、見事延長戦を制し
メキシコを下しました。


と言うニュースを、惰眠を貪るべく爆睡中の
この時間(正確には6時半頃)に知らされてもねぇ!

次の相手・ドイツ戦への意気込み語られてもねぇ!
(地元開催で盛り上がるドイツサポーターが敵だとさ!
私にはこのメール&電話が敵だけどよ!の嫌味通じず・・・)


いやぁ~アルゼンチン愛って本当に素晴らしいもんですねぇ~


先日の同時刻ゲームだった日本対ブラジル戦だって見てないくせに!
日本への愛はアルゼンチン愛の何分の1なのさ??
そして、さらに私への愛はその・・・??


では、私はもう一眠り。
おやすみなさい・・・
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-06-25 07:08 | 日々是細道

W杯・・・つづく・・・

私の寝てる間に、
中田&川口の戦いの場、かつ、柳○の思い出作りの場は
終わりを迎えていたようですが。
(※一部、毒を含むため、伏字としました)

W杯はまだ終わっていませんよ!むしろここからが本番♪

前評判抜きに予選リーグの試合っぷりを見て、応援するチームを決め
決勝リーグに備える我が夫婦。
(ちなみに、前回大会では 相方→プラジル 
私→ドイツで見事両チーム決勝へ!)

最近では、毎日

「南米か!」

「欧米か!」

と。
いや、むしろ、お前達は、タカアンドトシか!
ってな会話が繰り広げられておりました。

ちなみに、「南米か!」相方
ブラジルではありきたり過ぎると言うこともあり(?)
メッシに惚れこんでアルゼンチンに決定。

そして「欧米か!」私は・・・
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-06-23 22:31 | 日々是細道

実況!熱狂!W杯!!

10年前の甲子園を見ているような感覚。
はたまた、7年前の箱根駅伝を見ているような感覚。
とでも言うんでしょうか。
ベテランとうたわれる選手達が自分と同世代なことに
少なからずショックを受け(笑)つつも
我ら夫婦も昨夜はW杯初戦を観戦いたしておりました。

俄か監督が大勢いらっしゃることと思いますので、
あえて戦況についてのコメントはいたしませんが。
(まぁ昨夜はうちらも充分俄か監督、そして野次大会でしたがね)

前半20分頃にようやく帰宅した相方から
「どんな感じ?」と聞かれ
「いい動きしているのは、川口君(←同世代だし、許して!)だけだね!」
と報告しましたが。
試合が終わってからも、この感想に変更なし。

引きの映像で見ると、体格的に圧倒的に不利なのは一目瞭然ではありましたが
小学生と中学生くらいの差はあったものと思われます)
それにしても、みんな簡単に倒されすぎ!!
「倒れる時は骨折する時!ぐらいの根性を見せようよ!」と叫んだら
「全くその通りだ!」と大きく答えてくれた相方には
実は、過去に2度、サッカー中にスライディングを受けて骨折した経験が。

・・・あんたは少し学習能力を見せようよ!

ところで、今回の日本チームの戦いで私のお眼鏡に叶ったのは
GKの川口君だけだったのは前述の通りですが、
前回のW杯で、ベッカムフィーバーが吹き荒れる中、
私が夢中だったのはドイツのGK・カーンだったわけですよ。
で、当時、それを友人たちに報告すると
「あぁ、あんたってゴリラ顔(!)好きだもんね~」とみんな妙に納得。
相方的にこれは結構ショックだったらしく
自分が周囲からゴリラ顔と思われていたことがね)
今回、私の中で川口君熱が高まるのを見て
「お前は、キーパーポジションが好きなだけなんだなぁ」
変に安心しておりましたよ。

そうね、オーストラリアチームの代表的なゴリラ顔(笑)FWのキューウェルには
全く魅かれなかったから、安心してOKよ!

ただし、相方がゴリラ顔ではない!とは言ってないけど(爆)。

ちなみに、私、
サッカーではキーパー。
バレーではセッター。
野球ではキャッチャー。
というように、エースポジションというよりは、縁の下の力持ち的ポジション
魅かれる傾向は、確かに強いです。(ってか100%です)

いや、だからって相方に我が家の縁の下の力持ち的ポジションになれ!なんてことは
思ってはおりませんので、どうぞご安心下さい。
(・・・これは誰への言い訳だ???)

あ。ちなみに昨日の観戦中のお約束。
実況アナ「○○!勝負に行った!!」
そして、不発・・・
「そして、○○!勝負に負けた!!」

この一言で、決定力不足の日本チームにもイライラしないで済みます!お試しあれ!
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-06-13 18:26 | 日々是細道
やはり今はボブが熱いのか?
最近、髪をバッサリ切った次妹にも相談・・・
「パーマか切るか迷い中ださ~。どんな感じにしたの?」と聞いたら
「って言うか、あんたまで切ったら、私とかぶるから!パーマにしな!」
と言うわけで、パーマをかけることに決定されました。

って言うか、数年に1回しか会わない君と私とがかぶったところで
何の問題があるというのだ、妹よ!


でも、ここで初めて知る事実。
デジタルパーマってどこでもできる訳ではないのですね。
で、ネットで検索した新規開拓の美容院に向いました。

私がそこで差し出した雑誌の切抜きには
「セレブ風巻き髪ヘア」・・・(笑わば笑え!)
恥も外聞もかなぐり捨てて差し出しました。

が。

カウンセリングの結果、デジタルパーマは断念。
と言うのも毛先の痛みが結構激しい上に(ってか、この時点でセレブじゃないし・・・)
髪の長さが、今1つ足りないことが判明。(デジパにしちゃうと巻きが結構角々しくなりそう)
トリートメントパーマ」という、私の髪のためにあるかのような技術で
「巻き髪風」を目指すことに・・・
(髪の状態を見て、客の希望よりもお値段手ごろな技術をお薦めしてくれるなんて
なかなか良心的な店じゃないの!?)

まずは、半端じゃない毛髪量を誇る現状を踏まえ
長さは変えずに、梳いてもらうことに。

ここで1つ目のビックリ!
梳いた髪の毛の量が半端じゃない!ある意味その写真を撮ってUPしたかったほど!
掃除しにきた見習さんもビックリの髪の山。
隣にいた通常の「カット」のお客様よりも多い髪の山。

長さは変わらないのに、私の頭はかなり軽くなって不思議な気分。

そして2つ目のビックリ!
完成してみれば、巻き髪に縁のなかった私から見れば
「巻き髪風」というよりも、充分「巻き髪」です。
ただし、やはりセレブにはなれず・・・(←髪だけの問題ではないが)

↓って言うか首もとの髪がこんな感じでクルリとしていれば「巻き髪」なんじゃないの?

c0048789_17465911.jpg


ただデジパではないのでブローやヘアセット時のお手入れは若干大変そうなのが
面倒くさがりの私にはやや不安。案外、ボブへの道も近いかも?
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-06-03 17:48 | 日々是細道
若きウェルテルの悩み・・・もとい、ハムレットか・・・って感じですが。

結婚式以降伸び放題だった、この髪を。
どうしてくれようかと悩み中。

巻き髪風スタイルに憧れて、一時は、今流行の
「デジタルパーマ」に心を決めたはずが。

雑誌などを買い込み、研究開始!と思ったら・・・

まず表紙の松嶋菜○子さんが、いつのまにやらの「ボブ」スタイル!

いや、あんた、松嶋○々子と何の関係が?!

しかもヘアスタイル特集ページでも
「今、ボブが熱い!」みたいな書かれ方をしているわけですよ。

そこまで書かれたら、私の心も揺れるってなもんで・・・(意志薄弱?)

とりあえず、パーマをかけて飽きたらボブ?作戦か。
(飽きる頃にはボブの流行も終わっている気がしないでもないが)

もうしばらく悩んでみようかしら??
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-06-01 20:21 | 日々是細道

嫁 愛羅部優

c0048789_17533222.jpg

季節外れの繁忙期から無事生還した私のもとに届いた
我が母からの写メ。
なお、父がうなだれているように見えるのは、元からの猫背のせいであり
決して 「嫁 愛羅部優」の負担に負けたわけではありません。

こちら、我々からの沖縄土産となっております。
(前側に、琉球王国の印があるのです)

ちなみに母には「宮城超達人」
次女には「○○○○豚」(○○には妹の職)
三女の旦那は、父とお揃い
三女には「鬼嫁さぁ~」
(しかし、姪っこには素で可愛い、ムームーなぞを。←嗚呼、伯母馬鹿)

無事、馬家族、完成の巻!
と、思いきや、みんな、こんなの着れないってさ!

いつのまに、みんなそんなにノリが悪くなったの?と
ショックを受ける私に、気を遣ったのか、
単に全く人目を気にしないだけなのか
(たぶん後者)
父だけは着てくれた!さすが父!
これで犬の散歩も行ってるそうだ!
町内会の笑い者への道、一直線!?

ちなみに相方が選んだ相方実家へのお土産は
チラガー(豚の顔)!

開けた途端、相方母、悲鳴あげたらしい!

うちらは一族のツマハジキ者への道、一直線だよ!!
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-05-29 17:53 | 日々是細道

ジゴロへの細道

さて、昨日。
ライフワーク(?)の日帰り温泉施設探索の一環で
相方母と札幌東区にできたAlio札幌の温泉に行って参りました!

休日だと言うのに、温泉(と言っても人工温泉なんですがね)はガラガラ!
大丈夫か?Alio?と余計な心配をしつつ、塩サウナや岩盤浴にいそしむ私たち。

相方母は「リフレッシュしたわ~」と元気回復しておりましたが
は汗をかきすぎたのか、運動し終わった後のような疲労感
50代と20代の感想としては反対なのでは?って感じですが
これが、毎日数kmを自転車で通勤している相方母と、
文明の利器(=車)に頼りきった生活をしている私との違いなのね~と
ちょっと納得。

いや、それなら塩サウナか岩盤浴のどちらかで良いじゃん?って話なんですが
沖縄での(食)経験がしっかり身に付いてしまった我が夫婦(各自+1~2kg)。
やるならやらねば状態なんですよね~(嘆)

さてさて、そんな温泉で私は出会ってしまったのです。
彼の名は、ジュン君(推定年齢3歳)。
水飲み用のコップを取ってあげたのが私たちの出会い。
水を汲もうとしていたら、「俺がくんでやろうか?」と私のコップを手に取り・・・
・・・いや、ジュン君、くんでくれるのはありがたいけど、君、明らかに背伸びしてるよね?(笑)
そんな素敵な彼と2人で並んで水を飲んでいると
「俺のことは気にしないでいいから!」とか
「おかわりしないでいいの?」って、君は本当に幼児なのか!!てくらい大人びた口調。

で、私のところにくる前には
施設の係のおばさんが各お風呂の温度チェックにも付き合っていたらしく
そのおばさんが再度登場し「さっきはありがとうね~」なんて言ったら
「また手伝ってあげてもいいよ?」から始まり
おばさんが「本当?また来てくれるの?」なんて言おうものなら
ジュン君(推定年齢3歳)曰く
「でも、ちゃんと、俺のこと待ってないとダメだからな!」


あんた、絶対立派なジゴロになれるよ!!
おばさんと私、大爆笑・・・


その後、相方宅で夕飯をご馳走になったのですが
そう、昨日は、母の日。
相方母が、相方弟に、「ダイエットにウォーキングをしたいから」ってことで
ウォーキングシューズをおねだり。
相方弟、答えて曰く
「歩くよりも、そのビールを辞めた方が効果があるんじゃね~の?」

やはり、相方兄弟にはジゴロへの道は閉ざされているようですよ(笑)
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-05-15 23:17 | 日々是細道
これが1週間前東京で見た風景。

c0048789_202284.jpg

桜満開。これぞ日本の春!!


そしてこれが今日部屋から見た風景。

c0048789_2024552.jpg

雪。しかも積雪!!


ちなみに1ヶ月後には、IN 沖縄!
海にでも入らん勢い!!

万歳!日本の四季!!

ってか、半分(以上)、ヤケ!! マジ、寒いっす!!
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-04-03 20:05 | 日々是細道
1週間の東京生活も終盤を迎えました。
前回の正月遠征の時とは異なり、相方が通常業務中の今回。
予定入れまくりで、毎日遊びまくっております。

もちろん家事もしつつ、(言い訳)
「北の国から」DVDも制覇しつつ。(・・・言い訳?)

そんなこんなで先日は友人と銀座で飲み。
「銀座」って聞いただけで、腰引け気味(笑)
まぁさすがに私の友人。
「庶民クラス」のお店でしたが。
ここでもおおいに盛り上がり、2軒目の喫茶店へ。
とどまるところを知らない女のおしゃべり。
とうとうウェイターさんに

「もう少し声のトーン押さえていただけますか」

え~?そんな注意??
さすが、銀座!
甘く見ていたぜ!!
ってか、二度と来れますまい!!

そして翌日はまた別の友人とお約束。
現在妊娠中で、かつ、つわりもひどい様子だったので
まぁちょっと顔みるだけでも、と思って出向いたものの。

結果、ファミレスで5時間!!

ただひたすらおしゃべりで5時間!!

ちなみにこの2人はともに高校時代の友人。
つまり、私たち、10年前からやってることが全く変わっていないことに気が付きました。
高校時代の私たちがちょっと「オバサン化」しすぎていたのか?!
それとも現在の私たちの気持ちが10年前と変わらず「若い」(バカい?)のか?!
それが問題だ。

ちなみにまた明日も別の友人グループでランチ予定。
明日のメインもおしゃべり大会間違いなし!
だって、幹事は私だし!!
(いや、お前、東京人でもないくせに何を仕切っているのかと・・・!!!)
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-03-24 21:06 | 日々是細道

ど~なってるの?!

相方宅へ迎うバスの車内で聞こえてきた会話。
ちなみに一見普通の学生さんまたはOLさん風の女性二人。

女1「こないだバスの優先席前で携帯使ってたら、
突然オバサンに注意されて・・・
むかついたから日本語通じない振りしたんだよね」

車内でマナー違反を注意されて逆ギレする人がいる・・・
なんて記事とかは読んだことがあったけど
ホントにいたんだぁ!と俄かにドキドキする
小心者のイナカッペ大将(=私 笑)

女2「そしたらオバサンは?」
女1「なんか身振り手振りで伝えようとしてたけど完璧無視してたらあきらめた(笑)」

・・・笑???

しかし驚くべきはこの後も続き

女2「へぇ~そんなお節介な人本当にいるんだ?」

え?え~!何?その返し!!
本気?本気で言ってるの??
心の中で突っ込みまくる小心者の・・・(以下略)

そしてとうとう
バカ女1(名称変更!)ほざいて曰く
「実際、心臓悪い人、バスなんて使わないよね~」

バカ女1&2→笑


どっからよ!その論理!!誰情報よ!!
(懐かしの三村風突っ込みで)


ストレスフルかつ突っ込みドコロ満載な会話のおかげで
バス時間もあっという間でしたが

いろいろと憂えます。よね?

会話の内容もさることながら
バスの車中で話す会話か?
一番不適切な場所では?
その感覚がコワイです。
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-03-19 22:57 | 日々是細道