5年間の遠距離恋愛を経て 現在は遠距離結婚中。   遠距離夫婦の片割れの日々の記録です。同居までの細道はまだまだ続く・・・


by asahi-kanzou
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:日々是細道( 102 )

無条件バトン

の、前にひとつご報告が!!

JALからキャンセル待ちのご連絡が!!

キターーーーーーーーーーーーーーー!!!(使い方あってる??)

残念ながら、バースデー割引よりも割引率の低い特便割引でしたが。

それでも普通運賃に比べたら、約50%引きですよ~!!

さすがは幸運期♪


ってことで。そんな私のもとに舞い込んだもう一つのもの。それが、無条件バトン
Mayuさんの結婚準備日記帳から頂きました。

こちらから(かなりの長文です。覚悟のできた方のみどうぞ)
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-03-07 18:00 | 日々是細道

正義は勝つ!!

小姑、鬼千匹に値す」にかけて
「私には、『夫、鬼千匹』だわ」と言ってやったら

「男には家を出ると7人の敵がいる」にかけて
俺には家の中に1人の敵がいる」と返されました。


そんな形勢不利な状況(?)をものともせず、
お陰様で、無事、5.5畳1K2人暮らしを回避できそうです!!

今回は奥の手で(?)前回の記事に寄せられた
皆様からのコメントで「読み聞かせ」をしてさし上げました。

やはり夫育てに「読み聞かせ」は効果的ですね(爆)

まぁ圧倒的多数に屈しましたね、相方。

相方の主張にも勿論一理あるので
(部屋は通常2年契約だけど、多分1年くらいしか住めない。
かつ、相方の現在の部屋は最近、更新(2年)手続きを済ませたばかり。
さらに、相方の仕事の都合上、住む場所も今の部屋近辺に限定される、など)
実際には何とかお互い妥協しあえる所に落ち着いたのかなって感じなんですが。

「引越しをしてもよい」となっただけで、この達成感(笑)

ちなみに、これだけ騒いどいてなんですが。
全てが順調に進んだとしても、一緒に住めるのは実は1年後の話。

皮算用は既に完璧な私・・・

とらぬ狸にならないと良いのですが・・・


とにもかくにも皆様からのお力添え、本当にありがとうございました!!
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-02-24 21:33 | 日々是細道

イライラ病

最近、すっかりこの病気にかかってしまっているようです。

これまでだったら「事勿れ主義」にかこつけて
流していたことが流せなくなっている気が。
自分に余裕がなくなっているってことなのでしょうかねぇ~。
いかん!いかん!


症例その1。ある日のファミレスにて・・・
友人たちと食事中、途中で1人増えることになり、座席の移動をお願いする。
ウェイトレスのお姉さん、超不機嫌そう・・・
いや、でも、無理を言ってしまったのも事実だし。ってことで
気を使って(?←食べたかっただけかも)デザートを追加注文。
でもやっぱりお姉さんは不機嫌そうなまま
テーブルの上の伝票を持っていってしまいました。
追加分の打ち込みとかあるのかしら?って感じで気にもとめず
そのままデザート片手に雑談。
で、そろそろ帰ろうかって頃になっても伝票が戻ってこない
やっぱり不機嫌そうなお姉さんに「すいません伝票をお願いします」とお願いすると
「少々お待ちください」と奥に行きましたが、やっぱり伝票届かず。
しかも気がつけばお姉さんは普通に他のテーブルの下げモノとかしている
いや、でも店長とか上の人が慌てて打ち込んだりなんかしているのかも!
ってことでそのまま待つことに。そして20分経過
お姉さんからはやはり何の説明もないまま20分!
シビレを切らして出てきました。レジで「伝票来てないんですけど」と言ったら
レジ担当のお兄さんがスグに奥から私たちの伝票を持ってきてくれました。
っていうか、あるんじゃん!!・・・呆れる私たち。
捨て台詞で「伝票頼んでからダイブ待たされたんですけど」と一言言ったら
お兄さんが平身低頭で謝ってくれました
(が、それには答えずさっさと背中を向けて出てきた)
って言うか、お兄さんは全然悪くないんだけどね。
悪いのはお姉さんと私たちの機嫌であって・・・
本当はあのお姉さんに言ってやりたかったのですが
(←オイオイまだ言う気かい・・・)

私たちが席を立った時は接客中だったので言えなかったのよ。
一度でいい、あなたの笑顔が見たかった・・・」って。(嘘です)


症例その2.職場にて・・・
これは詳細は省略しますが、簡単に言うと
私は、言わなくてもこれくらいわかっているでしょ?
と思っていたレベル(=常識?)のことが、相手はわかっていない!ようなので、
「(あなたの)状況を説明すると・・・」と極力冷静に、かつ論理的にキレてみた。

(ちなみにこっちサイドの人間はみんな、キレて止む無しとの判断です)
が、しかし、言ったらわかってくれるかなぁと言う期待すら玉砕。
言ってもわかってもらえなかった(涙)

と言うか「機嫌悪い?」と返され唖然。立場上言わなきゃいけないと思って言ったけど
言わなきゃよかったよ。ニホンゴノツウジナイヒトニナンテ。

症例その3。
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-02-20 19:02 | 日々是細道

これ、な~んだ?

c0048789_217466.jpg


正解は・・・
c0048789_2175533.jpg


泳ぐ白熊の爪でした~!

と、言うわけで(?)
毎年各シーズン(夏&冬)1回ずつが恒例の
「旭山動物園ツアー」に行って参りました~!

え~先週末は休日返上で働いたので。その代休を取って。
(誰への言い訳だ?)
仕事のある日よりも、断然早起きで向いました。

またしても、動物園滞在3時間半の間の出没場所は
ペンギン館→(アザラシ館)→白熊館のみの
超・偏りぶり。もちろん、大満足です(笑)
(私=白熊好き。友人=ペンギン好き。
アザラシ館はペンギン館と白熊館の間にあるだけ(爆))

白熊館の白熊4匹の名前と顔は見分けがつくのが
私たちの自慢なのですが(微妙な自慢しか無くて、スイマセン・・・)
白熊たちも自分の名前を認識している模様で、
名前を読んだら結構反応してくれましたよ~。
こういう時に通い甲斐を感じますね~(笑)

今年から「冬の動物園」の入場料が590円に値上がり(夏と同額)
になっており、年間パスポート(通年で1000円)を購入しよう!
と思ったものの年間パスポートの設定は各年度らしく、断念。
次回、夏の営業時に向った時には
おそらく買ってしまうでしょう、年間パスポート。


では今回のフォトジェニック集
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-02-09 21:37 | 日々是細道
昨日は大学時代の友人の結婚式にお呼ばれしてきました。
今はやりのレストランウェディングでした。
(去年から行った結婚式は全部レストランですよ~ 除く・自分達の式)

行く前までは、
・(北海道では珍しい)招待制
・(私がこれまで招待された友人の結婚式では始めての)媒酌人あり
・新郎が医者(これは明らかに偏見ですが)

と言うことで、ちょっと堅苦しいのを想像していたのですが

全くそんなことも無く。大変楽しい1日でした!

って言うか、本当、最近の結婚式は全然「決まった形式」ってのは無いんだなぁ・・・
と。(まぁ自分達のも形式破りでしたけどね)

どんな感じだったかと言うと・・・

1.ウェルカムパーティ
受付けで10年後の2人へのメッセージカードを貰うので
このパーティの間にそれぞれそのカードを記入。

2.人前式
書いたメッセージを参列者1人1人が直接新郎新婦に手渡し
最後に新郎新婦がお互いに10年後の相手に書いたメッセージを
全部1つのボックスに入れ、鍵を掛けると言うのがメインイベント。
(その鍵は参列者の中の1名が預かることに)

3.パーティ
これはもう1つのエンターティメントって感じでした。
テーマは船上パーティ。マジックショーあり。ダンスタイムあり。
ファーストバイトは目隠しして。デザートビュッフェあり。
などなど。盛り沢山!

4.会場からのサプライズ企画×2
新婦は大学時代競技ダンスをやっていたので、
自分の結婚式でみんなで踊るのが夢だったらしく。
でも打合せで、スペースのことなども考え「みんなで」は無理だろうと断念した背景あり。
結果、一曲を新郎新婦で踊ることに(新郎はド素人なのでかなり練習した模様!)。
でも本番はその曲が終わったあと、何故か音楽がもう一曲始まり、
会場の人たちも席を立ちそれぞれ勝手にペアを組んで踊りだし
最後にはみんな手をつないで輪になって踊りましたよ~。

もちろん私たちも!(全く形にはなってなかったけれど。)
新婦の夢だと聞けば、そりゃ踊りますよ!って感じで(笑)
で、もう1つは最後に新郎新婦が一礼して顔を上げると
参加者の半分くらいの人たちが、それぞれバラの花1輪をもって
新郎新婦のもとに駆け寄り手渡し、
花を持っていない人は自分達の席で起立して拍手!

(サプライズ企画については、新郎新婦中座中に説明がありました)

そんなパーティでの私たちは
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-01-30 21:54 | 日々是細道

腰も痛めました

いや、このタイトルシリーズを続ける気は全くないのですが

風邪も治りかけの月曜日に職場で不慮の重労働があり
それで。まぁ。あっけなく。
逝きました。

現在、私のおばあちゃん(祝米寿)より腰が曲がってます・・・

そんなわけで、家に帰れば即、ベッドへ。
胸に温湿布、腰に冷湿布。
お前は温めたいのか?冷やしたいのか?
と自分自身に突っ込みを入れる毎日。

こんな弱り目にたたり目の私ではありますが
年賀状のお年玉は切手シート一枚しか当たらなかった私ではありますが

数子教では、今年の私は
金運最高!!
六星×血液型×星座(=576パターン)でのランキングでは
ベスト10入り!!
と超幸運期を予定しています。
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-01-18 23:43 | 日々是細道

風邪をひきました

札幌-仙台-東京の気温差10℃コースが悪かったのか
はたまた、ダメ人間生活を無理矢理元に戻したのが悪かったのか


風邪を引きました。いまだに咳が止まりません
昨日は急激な寒気(○:さむけ ×:かんき
→でもある意味こちらも正解)と関節痛の中、
「体を内部から暖めた方が良い!」とか「アルコール殺菌が必要!」などとの
甘言に乗せられ(いや、乗るなよ!自分!)、新年会参加。白ワインを飲み放題
まんまと久方ぶりの発熱とあいなりました。
まぁ、内風呂(アルコール)効果か逆効果か一晩で熱は下げたけど。
(これぞダメ人間的風邪の対処法?)

さて、皆さんは風邪を引いたら、即、病院にかかりますか?

我が実家では、薬の専門家の母がいたにも関わらず(もしくはいたから?)
風邪ごときで病院へ行くことはありませんでした。
では、風邪とどう戦うか?
基本は「体あっためて、さっさと寝ろ!」です。(専門家の言うことか?)
後は、母お得意の民間療法(?)。(ネギは巻かないよ!

まず、生姜+ニンニク+醤油汁
これは生姜とニンニクをすりおろした物に醤油を少々(味付け程度)を加え
お湯で溶かして(というか薄めて)飲む!
これが発熱時によく効きます。私はあまり発熱しないタイプなのでそんなに試さない
のですが、(しかも匂いもするので積極的に飲まないしね【笑】)
熱からくる風邪にかかりやすい相方の看病時に以前飲ませたところ、
効果テキメンで相方も大喜び!最近では熱っぽくなると自ら飲んでいる様子。

(相方の場合、だいたいこれ飲んで一晩で熱は下がるらしい。でも匂うらしい。)

後は温湿布
権兵衛さんの風邪引いた赤ちゃんに慌ててやったあれです、あれ
温湿布って馴染みのない方も多いかと思いますが、これが驚くほど簡単。
タオルをお湯で絞り
(私の場合、面倒なので水で絞った後レンジで温めてます)
ビニル袋に入れて、胸の辺りに置いて寝ます。

これは咳に効果ありで、だいたい一晩寝ると格段に良くなるのがわかります。
(肺やら気管の辺りがすっきりしてくる)

で、今回の止まらない咳に対抗し、ここ2~3日は温湿布をして寝ているのですが
全く「良くなった」感が得られない!!

ってことで、いよいよ最終手段で西洋医学に頼ることにしました。
症状的にも咳のみ残す最終段階なんだけど。
1日中咳しているのもいい加減疲れたので。
薬ももらってきたので、あとは回復の一途です。
実際問題、昔から西洋医学的な薬って馴染みなかったので(基本的に我が家は漢方薬)
病院やドラッグストアで買う一般薬の、私の体への効き方は半端じゃないのです(笑)

閑話休題・・・
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-01-13 21:35 | 日々是細道
c0048789_019216.jpg

飲んでいたビルから東京タワーが見えたのが運の尽き

東京タワーって東京に住んでいるとかえっていかないもの
なぁんて話からタクシーとばして向かえば営業終了5分後・・・

ちなみに9時50分
早いよ!!
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-01-08 00:19 | 日々是細道

またしても?

c0048789_1601322.jpg

この後、相方宅へ向かいます



東北地方の強風(と言うより暴風)により
新幹線が遅れております。

今回の帰省ツアー、最後まで油断できなさそう!
無事、札幌に帰れるのだろうか?
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-01-04 16:00 | 日々是細道
拙いブログですが今年もよろしくお願いしま~す

さて年末は相方実家で年越しをし、
元日超割りで我が実家へ帰省しております。

つまり

ビール(相方母)とワインで年越しをし
焼酎(我が母)で新年を迎えています。

相方宅と実家には、細木さん著の
平成18年版「今年の運勢」が・・・

今年もママーズの勢いが留まることなく
勢力拡大するであろう予感をひしひしと感じる年末年始・・・

おそらく今年もたくさんのネタを生み出してくれるでしょう~

皆様、乞うご期待♪
私と相方、戦々恐々・・・
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-01-01 20:46 | 日々是細道