5年間の遠距離恋愛を経て 現在は遠距離結婚中。   遠距離夫婦の片割れの日々の記録です。同居までの細道はまだまだ続く・・・


by asahi-kanzou
カレンダー

<   2005年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

アキさんの「結婚する意義は?」にトラックバック♪

TBしておいて何ですが、あんまり考えたことないかも・・・(大笑)

でも、思い出したことが、数年前の出来事。
当時、私の友人が、低空飛行で続いていた彼氏と別れたばっかりで言ったセリフ。
「このままでは結婚できない気がするんだよね。そんなに好きじゃなくても良いから
適当に相手見つけて結婚しちゃおうかなぁ、とか思うさ」とな。
で、それを聞いて私は
「好きでもない適当に見つけた相手と一緒に生きていくのなら、
1人のほうが楽しくない?
1人で生きていくより2人で生きていくほうが楽しいのなら、
結婚すればいいんじゃない?」
と言った。
いや、正確には、と言ったらしい。ですが。
本人はあまり覚えていなくて、その後、生き馬の目を抜く勢いで、結婚していった
その友人からフィードバック的に聞かされました
。(笑)

多分、私、そんなに考えないで言ったんですね・・・(すみません)・・・

でも、これが私の結婚に対する考えだとは思います。

よく、「一緒に暮らしたいなら、結婚じゃなく、同棲でもいいじゃん?」
みたいなことをいう人もいますが
私たちなんて「結婚」はしたけど、一緒に「生活」してないもんね~
そうすると、前述のような意見の人から見たら、???かもしれません。
私と友人には、別居かつ別姓の子もいますので、そんなのはきっと
?????????くらいかな?

確かに、今、一緒に生活をしたいのなら「同棲」で充分かもしれません。
でも、例えば数十年後も、一緒に生きていきたいと思うのなら、
「結婚」をすればよいと思う。
「今」だけを見ているのか、「今から続いていく未来」までの
覚悟ができているのか?


今現在、私たち夫婦の「日常の生活」にお互いの存在はありませんが、
今現在も、私と相方が歩んでいるそれぞれの「人生」にとっては
お互いの存在はとても大きい
です。
(28才になったばかりの若造が「人生」なんて言葉を使うのもおこがましいですが)
そう思えたので、そして、そう信じることができたから
私たちは「結婚」という形を選びました。

あとは、何十年後にも、そう思えた気持ちを忘れずに持ち続けていられれば
完璧のはず(笑)。



まぁ、しかし、かくいう私は、
「俺の人生にはお前が必要なのかもな~」という、相方、一世一代のプロポーズ
全く気付かず、「そうだよ~ん!今更、気付いたのかい?」と、いつもの
超お気楽・おふざけモードで答えた大バカ野郎です。
直後に気付き、「やり直し」をお願いしたものの聞き入れてもらえなかった

人生とは、そんなものです

しかも最近では相方に
必要条件ではあったかもしれないけど、十分条件ではなかったかも?
なんて言われるテイタラクぶりです。

人生とは、こんなものです。・・・かね?
[PR]
by asahi-kanzou | 2005-06-30 18:48 | 思考の細道
それは、「岡田君」熱も全く冷める気配のない(笑)27日深夜の相方からの電話。

「まだ職場なんだよね~。今日はこのまま帰れないかも・・」とのことでしたが。
いつものように、取り留めのない話をして、「じゃぁそろそろ・・・」みたいなムードに
なったところで、相方が「あれ?なんだっけ?何か言おうとしたんだよな
・・・忘れた・・・」・・・
「あぁ。『誕生日おめでとう』とか?」
「あ。それだそれだ。・・・誕生日おめでとう」

あのね。誕生日は5分ほど前に終わりましたけど??

「いや、俺の時計では、まだ57分だから、あと3分ある!」と慌てる相方。
墓穴を掘って曰く「いくつになったの?お前も、もう30か?」

あのね。相方より年下の私が、どうやったら相方より先に30になれるのさ??


最悪だ!!「岡田君」ですっかり気分を良くしていたのに!!!
(↑このネタしつこい?でも本気【苦笑】)

結婚一年目からこの調子では、
来年には、もう、誕生日すら忘れられている気がしてきた。
いかん!いかんぞぉ!!

これは、逆境だぁ!!
(逆境とは!思うようにならない境遇や不運な境遇をいう! 映画「逆境ナイン」より(笑))
[PR]
by asahi-kanzou | 2005-06-29 21:21 | ネタ帳的細道

FLY,DADDY,FLY

c0048789_22314016.jpg

本日は私の誕生日。昨日までの私と今日の私はちょっと違う。
ランチタイムにお祝いをしていただき、終業後はいそいそとSTVホールへ。

良い映画でしたね。原作・脚本が「GO」の金城一紀さん
と言うことで、あの世界観が好きな人は気に入ってもらえると思います。
恋愛色と民族色を薄めて、友情色を濃くした感じですかね。
個人的な見所として「バスの中の人々」とだけ、付け足しますね。
(本筋とは一切関わらないけど)

でね、でね。繰り返しますけど、今日は私の誕生日。
昨日までの私と今日の私はちょっと違うのです(笑)

今日は舞台挨拶もありました。会場に入ったところ
いつもは後ろの方が混んでいるのに今日は前の方が・・・
と、言うことで予感めいたものを感じ、前から2列目の空席をゲット♪

で、いよいよの舞台挨拶には、監督、原作・脚本家、そして
主演の堤真一さん。←スタイルの良さが半端じゃない!
足がね、もう、凄く長い!!その上、細い!!
同じく主演の岡田准一くん
←数年前の「おやじぃ」と言うドラマで見て、かわいい子だなぁ。とは思っておりました。
最近のウィスキーのCMを見ても、きれいな子だなぁ。とは思っていて何気にチェックは
していたんですけどね。何せ、もう、ジャニーズもすっかり疎くなりまして。
V6については長野君の坂本君の区別がいまだに自信がないレベルですし。
(嵐も厳しいねぇ。NEWSは全く無理。その次のグループは名前も知らないです)

しかし、今日の私は昨日までの私とは違うのです!!
はい、自信を持って断言できます。

惚れました!!!

とにかく、美しい!!とにかく、格好良い!!
正直、上映中もその連続でした。(笑)

人間を見ているだけで、体感気温が上がる!という体験を
人生28年目にして初めて経験いたしました・・・

その昔、高校生の頃、コンサートに行った次の日に
「福山雅治と目があったの~!」とか「キムタクと3回、目があった!」
と興奮している友人たちを、散々バカにしてきた私ですが。
繰り返しになりますが、昨日までの私と今日の私はちょっと違います。
お陰様で、岡田君と4回も目が合いました。(ちなみに、堤さんとは2回合いましたね)【大笑】



え~っと。公開日は7月9日だそうです。
[PR]
by asahi-kanzou | 2005-06-27 22:37 | 試写会的映画の細道

「Musical Baton」

業務多忙につき・・・で更新を怠けている間に
「Musical Baton」という連鎖イベントが回ってきていて
女4人のハッピーデー♪」のくぅ~さんからバトンを渡されていたようです。

なので、この際、結婚式のBGM選びと絡めてご紹介しま~す。
結婚式のBGM選びにお悩み中の方もそうでない方も
お立ち寄りください!!(叩き売りかよ・・・【笑】)

音楽に関する4つの質問
1 現在自分のパソコンに入っている音楽ファイルの容量
 Total volume of music files on my computer is.....
2 最後に買ったCD
 The last CD I bought was....
3 いま聴いている曲
 Song playing right now is....
4 よく聴く、または特別な思い入れのある5曲
 Five songs I listen to a lot or mean a lot to me are....
質問に答えて5人の人に渡すということだそうです

回答はこちらから・・・
[PR]
by asahi-kanzou | 2005-06-26 16:12 | 結婚(式)への細道

逆境ナイン

試写会の法則「期待していない映画ほど面白い

c0048789_2142221.jpgc0048789_21425228.jpg












何でも、伝説的なコミックの映画化らしいです。
でも、あまり知られていないというのは、舞台挨拶に来ていた
作者の方も言っていました。私も知りませんでした。

で、映画なんですが・・・
これが、油断していた割に(からこそ?)・・・面白い!
奥が深いとか、ストーリー展開がどうとか、そう言うレベルではなく
バカバカしく笑える映画です。
このバカバカしいストーリーに似つかわしくない
お金のかかっていそうな映像がまたバカバカしさを増幅させています。
キャッチコピーで「バカバカしい!-でも感動!!」とありますが
感動は求めずに見に行ってください!
(それにしても映画のキャッチコピーって当てにならないもんです)

ちなみに7月2日公開です。
1週間前にかの「宇宙戦争」が公開
1週間後に、さらに「スターウォーズ」が公開
これぞ、逆境!!

帰って来てテレビをつけたら「離婚弁護士」に
映画で初主役を務めていた玉山君が出ていました。
鉄っちゃん、あんた役者だねぇ・・・。
でも映画ではココリコ田中と藤岡弘、に食われていたのは否めないよ。
これも逆境??
[PR]
by asahi-kanzou | 2005-06-21 22:38 | 試写会的映画の細道

BGM決定の巻?

相方の相方による相方のためのとの噂まである(?)入場と退場の曲目が決定しました!

退場は、The DooBie Brothersの「Listen To The Music」に程なく決定。

で、散々迷っていた入場は、な、なんと・・・
Peter Ceteraの「Glory Of Love」に!!!
(結構、「お約束」に落ち着いた気もする・・・)

吟味に吟味を重ねたその歌詞は・・・(サビ部分抜粋)
僕こそ君の名誉のために戦う男
君が夢見ているヒーローになろう
二人で永遠に行きつづけよう
すべては愛の栄光のために・・・

と、かなりニオイがきついようですが?的な感じです。

こんな曲で入場してもよいキャラなのか!君たちは!!!
そんな突っ込みを覚悟で「結婚式」に免じて
浮かれ気分ごと許してもらうことにします。

って言うか、そんなセリフ、言われたことはございませんが?と声を大にして言いたい。


そして、私が使いたかった曲
久石譲の「菊次郎の夏」(注:結婚式は12月です《苦笑》)迎賓時
グレンミラーの「In The Mood」(音源は本家のグレンミラー・・・
スゥイングガールズではありません
)を送賓時に使用することになりました。

ん?・・・
迎賓&送賓時って、うちらは会場にいないから、聞けないじゃん!!!

[PR]
by asahi-kanzou | 2005-06-17 19:08 | 結婚(式)への細道

遠距離恋愛を考える

「遠距離でも平気?」

これはねぇ~、もう、遠距離恋愛経験者なら少なくとも1回、と、言いたいところですが、
おそらく、どんなに少なめに見積もっても10回は聞かれている質問でしょう。
私も、しかり、です。

「え~、そんなの寂しいじゃん!私には出来な~い!」
って言われる方もいらっしゃいますね。

でも、「寂しいから」って「私にはできない」で
あきらめられる関係のほうが寂しくないか?


な~んて、今でこそ言えますが、
そりゃぁ、私も遠距離開始当時は・・・と考えてみたんですが。

そうでもなかったかも・・・!!!

と、言うのも、遠距離開始=私の就職時だったもので、
新しい環境に身を慣らすのに必死だったような気がします。
寂しいなんて考える暇もなく、でも、そんな必死な状況だったからこそ
相方との電話やメールに救われていた気もします。

で、その後、お互いの環境(学生→社会人、住む場所 など)も次々と変わりました。
でも、その変化の時期が微妙にずれていたのが良かったのかも。
(お互い「必死な状況」だったら、もっとイッパイイッパイになってしまっていたかも)

あと正直なところ、2人ともいわゆる「恋愛体質」ではない事も良かったのかもしれません。
「いつも一緒じゃないとイヤ!」なんてイヤ!みたいな(笑)
それぞれの時間を楽しめて、2人の時間も楽しめて。じゃないと、遠恋は厳しいかもね。

それに現代は遠距離恋愛には強い味方が勢ぞろいですからね~。
文通だけの時代と違い、メールや電話もありますし
同じ日本にいれば、タイムラグなく同じテレビを見て一緒に笑う事だって可能
(深夜放送や土日の昼間の再放送枠はこの限りではありませんが)
飛行機には超割やら誕生日割引やらがあり、
交通費の負担を軽減させてくれていますし。
ちなみに私たちの場合、移動に要する所要時間から考えると
同じ道内で遠距離だった5年前のほうが、
現在よりはるかに時間かかっておりました
。(恐るべし!北海道!!!)

そんなわけで、毎日の生活の中で、「寂しい」と感じることはあまりないかもしれません。
が、しかし!!
遠距離恋愛丸5年の経験をもってしても、
新千歳空港で相方を見送る時とその帰りの車の中での寂しさと
羽田空港で見送られてから家路に着くまでの寂しさにはいまだに慣れません。

[PR]
by asahi-kanzou | 2005-06-15 19:23 | 思考の細道
北海道を代表するタレントと言えば・・・
サブちゃんではなく、、、大泉洋。(多分・・・)

彼が全国放送に出た日には、その番組の北海道の視聴率だけが
群を抜いて高くなる
というのは、事実のようです。

その昔、「パパパパパフィー」での空回り振りに心を痛め
(当時、本州在住の妹から「本当に北海道では有名なの?」と聞かれた)
うたばん」でのいじられキャラ振りを見て、石橋さんと中居君に感謝し、
救命病棟」のレギュラー出演を期待と不安で見守り
食わず嫌い王」での戦いぶりに
緊張に耐えて、よく頑張った!感動した!」と、叫んだ人も多いはず。
(・・・え?私だけ??・・・)

そんな彼のご当地での活躍ぶりは、もはや、TV番組内にはとどまりません
スープカレーの本やら歌やら、レトルト商品まで出していた。だけでもとどまらず

いつの間にやら、インスタント焼きそばまでタイアップしていた模様です。
(「おにぎりあたためますか」の番組企画のようですが)
(注:「おにぎりあたためますか」とは北海道のコンビニでおにぎりを購入したときに
   店員さんから言われるお約束の言葉。ローカル深夜番組のタイトルでもある)



c0048789_1740031.jpgc0048789_17401283.jpg












コンビニで発見し、ついつい購入してしまいました。
で、早速頂きました。(個人的には梅味の方が好みでした。)

でも、パッケージにあるタレント名だけで、購買意欲をかきたてるんだから
彼もなかなかやってくれますなぁ。

ここまで書いといてなんですが・・・
洋ちゃん=木村洋二ではありませんので、あしからず。。。
超ローカルネタですいません《汗》)
[PR]
by asahi-kanzou | 2005-06-14 17:42 | グルメの細道

BGMを任せては見たけれど

相方は張り切っている。
しかも、すごく

昨日も10曲くらい聞かされた。
しかも、夜中に。(AM1:00)

なので、ほとんど覚えていない(爆)。

何となく覚えているものをとりあえず。
1.エアロスミスの「ミス ア シング」(入場用)
(アルマゲドンのテーマ)
2.同じくエアロスミスの「ウォーク ディス ウェイ」(退場用)
(昔やっていたTV「喧嘩の花道」(←オイオイ)のテーマ)

「いいんじゃない?」やや適当な私。っていうか眠い。(AM1:00)

でもさぁ、年配の人からしたら、うるさいんじゃないかと思うんだよね
あ?そんなもんかね?じゃぁどうするの。ということでオールディーズ系からさらに何曲か。

もう、この時点で、記憶があやふやになっておりますが。

1.ドゥービーブラザーズのListen To The Music
2.ビーチ・ボーイズのココモ
で、その後に聞いた「Do You Remember?」で歌いだす曲が気に入ったけど
曲名忘れたし。(イントロが結構素敵でした)

その後、「菊次郎の夏」のテーマ曲を聞かされている途中で一時的に眠り
海の上のピアニスト」のサントラにいたってはちょっと夢を見るくらいの状態

てなわけで、決定は、多分、していないと思います。

この張り切りようでは他の場面の曲まで決められる恐れもあるため
他の場面のものも少し考え始めようかなぁと考えたか考えていないかの状態で、
爆睡。(AM 2:00)  
[PR]
by asahi-kanzou | 2005-06-13 19:54 | 結婚(式)への細道

メドゥサ、鏡をごらん

By 井上夢人
c0048789_18425958.jpg
以前書いたクラインの壷」に匹敵する面白さ。

と、言うのも、クラインの壷の著者「岡嶋二人」というのは
「おかしな2人」をもじったペンネームで
「徳山諄一」と「井上夢人」の2人だったのですね。


以前書いたとおり、結末は「え?解決してないよね?」って感じもあるのですが。

あらすじは・・・
ある作家が異様な死に方をし、遺書と呼べるものはなく、残されていたのは一枚のノート。
それには「メドゥサを見た」とだけ書かれていて。
藤井の娘の婚約者(=私)が、藤井の死因について調査を始める。
と言う、ホラーなのかサスペンスなのか。と言う作品です。

現実と小説とがループ状になっている構成で。
解決とかそんなの問題じゃない!って気分になりました。

絶対映像化は出来ないでしょう。
小説でしか表現できない「恐怖」だと思われます。

今日のこの日曜日。この本だけで終わりました。

でも、損はしていません。

Amazon「メドゥサ、鏡をごらん」
[PR]
by asahi-kanzou | 2005-06-12 18:39 | 読書の細道