5年間の遠距離恋愛を経て 現在は遠距離結婚中。   遠距離夫婦の片割れの日々の記録です。同居までの細道はまだまだ続く・・・


by asahi-kanzou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

エビで鯛を釣る

先日。
誕生日にワイン&ブリザーブドフラワーを送ってくれた次妹に
お礼の電話をしたところ。
約10日後には誕生日を迎える彼女は仰いました。

「私の誕生日には
○○っていう

枯れない花
(ブリザーブドフラワーがお気に入りらしい)と

除湿器

あ。そうそう、それから

布団

をくれればいいよ」





これはもしや・・・

家庭内悪徳商法?(爆)



次妹の冗談でしょ?と思った方。
あっま~~~~~い!!(スピードワゴン風に)
彼女はいたって本気なのですよ。恐ろしい。

しかも
布団ってところが、いかにも悪徳商法じゃないか!

ということで
加湿器を送ってあげることを計画中。(←悪魔のような姉)
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-06-29 22:42 | ネタ帳的細道

(私の)W杯終了!

目覚ましも無しで早朝3時45分に
自然と目が覚めてしまう始末。

これぞスペイン愛?

(日本ーブラジル戦の時は爆睡だった私・・・)

まぁでも正直、フランスの予選はかなり苦戦していたようだし~
と楽観視のもと観戦開始!

だがしかし!
おフランスチーム、動きが違う!
運動力の落ちたと言われるジダンの活躍ぶりったらない!

一方、時差有りで同日誕生日を迎えた我が同胞(勝手に)
ラウルはさすがにピークを過ぎたと思われるような動き
29歳、いまだ現役!な活躍を期待してたんだけどな・・・

そして今大会随一の坊っちゃん(ナントカ・トレス)も
すっかり封じ込められてるし!

やはり堅守チームが強いのよ!
とわかりきっていたはずのことを叫びつつ
(スペインのオフサイド狙いのディフェンスは結構ハラハラもの!)

スペインチーム敗退

しかも終わってみれば3ー1
(唯一の得点は、実はPK)

多分テレビじゃ得点シーンしかやらないと思うけど
90分間本当に見応えのある面白いゲームだったのよ!

と、スペインチームに成り代わりお伝えいたします。

さて、これからどうしよう・・・?
(出勤時間まで1時間半・・・)

あ。W杯はこの後は純粋に各国のプレーを楽しみますよ!
どこでもいいから、打倒!アルゼンチン!!
(←相方、応援チーム)
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-06-28 06:42 | 日々是細道

老人介護への細道

先日我が母から、コントのようなネタを頂いた。

休日。昼食後の昼寝から起きてきた我が父。
「俺、昼ご飯、食べたっけ?」

・・・これがいわゆる初期症状かと青ざめた母。

・・・の割にはしっかりネタにしている母

で、昨日。
今度は相方母と脳年齢やら老化脳などの話になり
我が父のネタを披露してみた。
(・・・さらにしっかりネタにする娘・・・)

が、しかし。

相方母、全くウケず。
・・・これがいわゆる「スベリ」症状かと青ざめる嫁。(←オイ!)

相方母曰く
「実は、うちもなんです!!!!」

はぁぁ!?!?!

聞けば、
とある休日、10時過ぎにブランチのつもりで
相方父にしっかり食事をとらせたのに
昼過ぎにリビングに下りてきた相方父が
「かあさん、飯」
・・・これがいわゆる初期症状かと青ざめた相方母。

ってなことがあったらしく。

「どこの家でも一緒なのね!安心したわ!」
と、急に元気になる相方母。

いやいや、お義母さま!
どこの家でもって、実例 2件だけですやん??

その夜の電話では
「あの人達、危ないんじゃないか?!」
と青ざめる長男長女な我が夫婦。

ちなみに我が家の祖母は、現在グループホーム入所中。
先日、何を思ったか
「7月から、kanzou父が転勤で、このホームに入ることになった」
と言っていたそうだ。
(ちなみに我が父の仕事は老人介護全く関係いたしません)

あぁ、ばあちゃん!
それも「ボケ」ですか?それとも「予知」ですか??


だがしかし・・・
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-06-27 20:37 | ネタ帳的細道

アルゼンチンへ・愛 2006

いよいよ始まった決勝トーナメント。

日本時間 朝4時から始まった試合では
相方応援のアルゼンチンが、見事延長戦を制し
メキシコを下しました。


と言うニュースを、惰眠を貪るべく爆睡中の
この時間(正確には6時半頃)に知らされてもねぇ!

次の相手・ドイツ戦への意気込み語られてもねぇ!
(地元開催で盛り上がるドイツサポーターが敵だとさ!
私にはこのメール&電話が敵だけどよ!の嫌味通じず・・・)


いやぁ~アルゼンチン愛って本当に素晴らしいもんですねぇ~


先日の同時刻ゲームだった日本対ブラジル戦だって見てないくせに!
日本への愛はアルゼンチン愛の何分の1なのさ??
そして、さらに私への愛はその・・・??


では、私はもう一眠り。
おやすみなさい・・・
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-06-25 07:08 | 日々是細道

W杯・・・つづく・・・

私の寝てる間に、
中田&川口の戦いの場、かつ、柳○の思い出作りの場は
終わりを迎えていたようですが。
(※一部、毒を含むため、伏字としました)

W杯はまだ終わっていませんよ!むしろここからが本番♪

前評判抜きに予選リーグの試合っぷりを見て、応援するチームを決め
決勝リーグに備える我が夫婦。
(ちなみに、前回大会では 相方→プラジル 
私→ドイツで見事両チーム決勝へ!)

最近では、毎日

「南米か!」

「欧米か!」

と。
いや、むしろ、お前達は、タカアンドトシか!
ってな会話が繰り広げられておりました。

ちなみに、「南米か!」相方
ブラジルではありきたり過ぎると言うこともあり(?)
メッシに惚れこんでアルゼンチンに決定。

そして「欧米か!」私は・・・
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-06-23 22:31 | 日々是細道

苦手科目

予選リーグも佳境を迎え、決勝トーナメント進出チームが続々決定のW杯。
私が観戦しているのは、日本時間夜10時キックオフのものだけなので
実は、いまだにイングランドもブラジルもイタリアも見ていなかったりしております。

それでもスペインやらアルゼンチンやらのゲーム展開は素晴らしかったですね。
若干ワンサイドゲームの気もあり、
「もうコールドゲームでいいよ~!」なんて叫んだりしておりましたが(爆)

さて、こんな私の学生時代の苦手科目は、地理&世界史。
なにせ、私の脳はカタカナの記憶容量が、極端に少ない!!
いまだに、外国物の小説も読めません。
登場人物の名前が記憶できないため)

そんなわけで、W杯観戦中にも・・・

その1。
日本v.sオーストラリア戦観戦後
「やっぱ、ヒギンス監督、力あるねぇ~」

→正解は ヒディング監督
 ヒディング監督とヒンギスが合わさったらしい。
 ところで、ヒンギスって誰だっけ?

その2。
アルゼンチンのゲーム観戦中
「すげぇ!メッシュ
そして、観戦後
メッセのW杯デビュー戦を見れたってのは価値があるね!」

→正解は、メッシ。
 お前は本当にその価値がわかっているのかと。

その3。
昨日、帰宅した相方から
「今日はどこ対どこの試合やってる?」
と聞かれ、TV観戦中だった私は、自信満々に
「イラン対ポーランド!」

しかし、相方がTVをつけてみたものは、イラン対ポルトガル・・・
「画面の左上に表示でてるじゃん?」と言われても。
なぜか、ゲーム中も「ポーランド」を連呼しつづける自分。

こんな私ですが、W杯観戦月間(日本時間夜10時キックオフゲーム限定)は
もうしばらく続く予定です。

頑張れ!ヒギンス!
頑張れ!メッシュ!
頑張れ!ポーランド!

→誰だよ!ヒギンス!
→誰だよ!メッシュ!

しかも、本物のポーランド(A組)は残念ながら予選敗退決定のようですよ。
ちなみに私が応援したポーランド(D組)は決勝トーナメント進出決定です(笑)

[PR]
by asahi-kanzou | 2006-06-18 13:27 | ネタ帳的細道

実況!熱狂!W杯!!

10年前の甲子園を見ているような感覚。
はたまた、7年前の箱根駅伝を見ているような感覚。
とでも言うんでしょうか。
ベテランとうたわれる選手達が自分と同世代なことに
少なからずショックを受け(笑)つつも
我ら夫婦も昨夜はW杯初戦を観戦いたしておりました。

俄か監督が大勢いらっしゃることと思いますので、
あえて戦況についてのコメントはいたしませんが。
(まぁ昨夜はうちらも充分俄か監督、そして野次大会でしたがね)

前半20分頃にようやく帰宅した相方から
「どんな感じ?」と聞かれ
「いい動きしているのは、川口君(←同世代だし、許して!)だけだね!」
と報告しましたが。
試合が終わってからも、この感想に変更なし。

引きの映像で見ると、体格的に圧倒的に不利なのは一目瞭然ではありましたが
小学生と中学生くらいの差はあったものと思われます)
それにしても、みんな簡単に倒されすぎ!!
「倒れる時は骨折する時!ぐらいの根性を見せようよ!」と叫んだら
「全くその通りだ!」と大きく答えてくれた相方には
実は、過去に2度、サッカー中にスライディングを受けて骨折した経験が。

・・・あんたは少し学習能力を見せようよ!

ところで、今回の日本チームの戦いで私のお眼鏡に叶ったのは
GKの川口君だけだったのは前述の通りですが、
前回のW杯で、ベッカムフィーバーが吹き荒れる中、
私が夢中だったのはドイツのGK・カーンだったわけですよ。
で、当時、それを友人たちに報告すると
「あぁ、あんたってゴリラ顔(!)好きだもんね~」とみんな妙に納得。
相方的にこれは結構ショックだったらしく
自分が周囲からゴリラ顔と思われていたことがね)
今回、私の中で川口君熱が高まるのを見て
「お前は、キーパーポジションが好きなだけなんだなぁ」
変に安心しておりましたよ。

そうね、オーストラリアチームの代表的なゴリラ顔(笑)FWのキューウェルには
全く魅かれなかったから、安心してOKよ!

ただし、相方がゴリラ顔ではない!とは言ってないけど(爆)。

ちなみに、私、
サッカーではキーパー。
バレーではセッター。
野球ではキャッチャー。
というように、エースポジションというよりは、縁の下の力持ち的ポジション
魅かれる傾向は、確かに強いです。(ってか100%です)

いや、だからって相方に我が家の縁の下の力持ち的ポジションになれ!なんてことは
思ってはおりませんので、どうぞご安心下さい。
(・・・これは誰への言い訳だ???)

あ。ちなみに昨日の観戦中のお約束。
実況アナ「○○!勝負に行った!!」
そして、不発・・・
「そして、○○!勝負に負けた!!」

この一言で、決定力不足の日本チームにもイライラしないで済みます!お試しあれ!
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-06-13 18:26 | 日々是細道

あの娘とスキャンダル

昨日、仕事の合間をぬっていつもの床屋に出かけた相方。
いつものおばちゃん理容師が散髪をしてくれるも、やけに仕事が遅い・・・
ハサミの音はするものの毛先すらほとんど切っていないのでは?状態が続き・・・
相方以外の客が、皆、帰ってからそれは起こりました。

普通に世間話をしていたところ、唐突におばちゃんに
「彼女はいるの?」と聞かれた相方。
世間話の中でも仕事の内容やらの個人情報は出さないよう極力意識していた相方は
「彼女いません」と答えました。

すると話は思いもかけない方向に進み・・・
「いやぁうちの娘も彼氏いないんだわ~」から始まり
「誰かいい人いないかな?」まで、またしても適当に流していた相方。

「1度うちの娘と会ってもらえない?」と、突然の見合い話(笑)

そこで初めて自分の犯した過ちに気付き(いや、その前に気付きましょうよ・・・??)

彼女はいないんですけど、実は去年結婚したので、嫁はいるんです。すいません」

と丁重にお断り。

「あら。そうなの?」と、おばちゃん、残念がったかは知らないが
そこで話は終わったはず・・・と、言うのは相方の甘い読みでして。

その後、再び世間話をしていたら、またしても唐突に

「○○に素敵なカラオケ屋があるんだわ。今度、一緒に行きましょうよ」

今度は直球でのお誘いが(爆)。

そちらも丁重にお断りし、
いつもは30分で済む床屋にて、
いつもの倍以上の時間を費やし、何とかおばちゃん包囲網から逃げおおせたのでした。

ちなみに、相方には10年程前にも通学途中の電車の中で、
痴漢ならぬ痴女(?)のおばちゃんに遭遇した!というトラウマがあります。


「おばちゃんキラー」いまだ健在であったことを立証した相方。
というか、寄って来るの、おばちゃんばっかりかよ!!(爆)

ところで、そんなおばちゃんに是非お聞きしたい。
うちの相方のどこにそんな魅力が????(←・・・おい!!嫁よ!!!)
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-06-12 20:25 | ネタ帳的細道

お祭マンボ

札幌では雨の中、ヨサコイソーラン祭が佳境を迎えておりますよ。
今週末は朝から晩までTVも街もヨサコイ一色に輝きます。
そんな訳で私はビデオ3本借りて来て、今週末に備えております。

こんな祭の輝きとは全く無縁の私にも、かつて輝いた瞬間が・・・

あれは私が高校2年の世界史の授業中。
一番前の席にて爆睡中なのを先生に見つかり
(↑そりゃ見つかるだろうさ)
いきなり当てられた私。
「イギリスの正式名称は!」
かつてないほどの幸運!
「地理」が大の苦手科目だった私の持つ
唯一の知識
が当たったわけです!
「グレートブリテン山脈及び北部アイルランド連合王国?」
と半ば夢うつつで答えた私は
クラスメイト達からの大絶賛を浴び、
私の人生で唯一、一瞬の輝きを見せたわけですよ。

そんな因縁の国(つまり、縁もゆかりもないとも言える)イギリス
今年の相方の1週間の海外遠征先に決定!!予定は約1ヶ月後。
つまり、もう1つのお祭=サッカーW杯の決勝戦の頃でしょうか?

ベッカム様率いるイングランドは
今大会の優勝候補の1つ
ですってよ!!
(と言うか。W杯の優勝候補って毎大会とも一緒じゃないんですか?)

私と同じく、祭の輝きとは無縁の相方がのたまいましたよ。
「イングランドが決勝まで進んだらさぁ~、
イギリス、超混んでそうじゃない?」


相方様。今回のW杯。開催国はドイツでございます。
決勝戦の頃に混むのは、間違いなく、ドイツでございます。

「・・・そうなの?」



えぇ~、かつて私の友人で姑様から
「うちの息子と結婚できるなんて、あなたは本当に幸せ者ね~」という
一体、お宅の息子は何様ですか?的な発言をされ、
非常にご立腹だった人がいましたが。
私は、相方の実の母(ってか実の母しかいませんが)から
「あれ(=相方)を選ぶなんて、
本当に男を見る目がないのかもねぇ~」
という
非常に切ない発言をされたことがございます。
その時は、「いやいや、そんなことないですぅ~」
なんて可愛らしく答えたりしておりましたが。
相方母、正しかったのか??

サッカーの神はもとより、実の母からも
若干見放されかけている男と共に歩む、
私の今後の人生に輝く瞬間は訪れるのでしょうか!!??

[PR]
by asahi-kanzou | 2006-06-09 23:22 | ネタ帳的細道

年齢に関する若干の考察

それは昨年のG.W。久々に会った高校時代の友人と
東京は銀座のデパートでウィンドウショッピングした時の会話。

友「最近さぁ、服買う店に困るんだよね~」
私「わかる!何て言うか、
デパートの2階(主にヤングファッションの場合が多い)だと
ちょっと辛いかなぁって感じで
かといって3階4階(主にキャリアファッションの場合が多い)だと
まだ早いかなぁ見たいた感じじゃない?」
友「そう!その通りなのよ!!いやぁ良かったぁ!
そう思ってたのは、私だけじゃないんだ?!」

実際、こんなことを考えているのは私とその子だけかもしれないんですが。

実際、2階でも3階でも4階でも着れる服がないわけではないんですが。

まぁマネキンが着ている服の雰囲気とかから察するに
(これも私と友人だけの見解かもしれませんが)
2階=対象年齢20代前半程度まで
3階・4階=対象年齢30代程度


自分はどっちにいくべきか迷ってしまう20代後半の女心・・・

こんな居心地の悪さを感じたことはありませんか?

なぜ、急に1年も前の話を持ち出したかと言うと
実は昨日の美容院で同じような感覚を覚えたから。

美容院のお約束と言えば・・・そう雑誌!!!
カット&カラー&パーマフルコースの私の美容院滞在時間は約4時間。
私の手元に渡された雑誌の数々は
W○th、M○re、C○assy、O○giのフルコース。

読んで見ての私の感覚としては
Wi○h、Mo○e=デパートの2階
Cl○ssy、Og○i=デパートの3階・4階


実は私も数年前まではWit○やMor○を購読しておりましたが
ある時の特集で「女の転機は25歳!」みたいな記事があり
当時既に四捨五入どころか三捨七入もあきらめ
一の位切捨て!にすがっていた私は
とうとうその雑誌の対象年齢からも外れていたことに気付いたのです。

いや、実際、毎月購入する雑誌がなくっても全然良いわけですが。
20代後半の女性がなぜターゲット層から抜け落ちているのか?
(もしや私の勘違いなのでしょうか?)

とりあえず、各雑誌に、子供用おもちゃのような
「対象年齢」を明記させてみたい今日この頃


ちなみに美容院で私が一番夢中になったのは
a○○nの「脳を鍛える!」特集(爆)だったのは致し方ない!
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-06-04 21:43 | 思考の細道