5年間の遠距離恋愛を経て 現在は遠距離結婚中。   遠距離夫婦の片割れの日々の記録です。同居までの細道はまだまだ続く・・・


by asahi-kanzou
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
さて、2007年。今年は我が父の還暦&退職の記念の年

既に三姉妹全員が家を出てしまっているわけですが、
ここは1つ、3人で何かお祝いをしようじゃないかと。
メールにて妹2人にアイデア募集の告知。

まぁ、次妹の仕事の関係上、全員集合は無理だろうとは思っていたのですが
その次妹本人から「私以外で集まったら?」と提案してくれたので。

子供二人抱えた末妹に「3月(父の誕生日)に仙台に行ける?」とお伺い。

すると、その返信で、なんと
「3月には法事があるので、仙台に帰る予定でした」と。


はぁ?!法事?!?!私、聞いてないし!!!


いや、待てよ。落ち着け自分。
末妹の旦那も宮城出身。きっと婚家関係の法事なんだよ!と自分に言い聞かせ
再度メールにてその辺、さりげなく直球質問。

さて、その後・・・
[PR]
by asahi-kanzou | 2007-01-17 23:35 | ネタ帳的細道
ちょっと荒れ模様でした(苦笑)

まず、相方が
自分の仕事の都合もあり云々・・・遠距離延長を相方母に伝えたところ・・・

ガッツリ怒られたらしい。

母に怒られて、微妙にヘコム 30歳男性(爆)

まぁ、相方母曰く

「嫁(=私)が可哀想」

「お前は自分勝手過ぎる(←相方の仕事の都合云々の話を受け)」

「嫁の両親に申し訳無い」


ってことだったらしいのですが・・・

まず、「嫁が可哀想」
そんなに可哀想でもない(笑)
なぜなら私の仕事的にも一年延長はむしろ歓迎の状況なので。


そして「お前は自分勝手過ぎる」
相方の仕事の都合は充分承知の上での結婚なので
むしろそこで妥協された方が嫁としてはつらい。


そして最後の・・・
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-12-14 20:34 | 思考の細道
最近、相次いで同じようなトラブルに見まわれました。

・・・すいません、言い過ぎました。
アクシデントレベルです。

銀行や郵便局のATMが通帳を読み込んでくれません。

普通に仕事していたら窓口営業時間ってほとんど行けないじゃない?

仕事終わりに中央郵便局まで走ったり
(営業時間は終了していたものの中に残っていた局員さんに相談)
休憩時間の合間に銀行へ駆けこんだり

で、どちらも
「磁気が読めなくなっている」らしいんですが。
(で、どちらも解決はしたんですが)

そうなってしまう原因はなんなんでしょう?
よもや、私がおかしな磁力でも発しているのでしょうか?

原因対策のわかる方、是非ご教授を!!

ここからは私事ですが・・・
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-10-12 21:13 | 日々是細道

一時保育

今月末、相方が来道します。
が、そのうちの1日、私、どうしても外せない用事がありまして。
(えぇ、ヒドイ遠距離妻ですが、何か?)

まぁ夜数時間なんで、相方は他の友達と会っても良いんだろうけど。
せっかくなら、夕食ごと相方実家にて家族水入らずで。と思いまして。
相方実家に一時保育をお願いすることにいたしました。

って・・・
お子様か!!



そんな訳で(?)相方母にお願いしました。

やんちゃな子 ですが、よろしくお願いします~」




だからっ・・・

お子様か!!!





まぁ相方母も、快く引き受けてくれました。

エサ与えとけば大丈夫でしょう?」





・・・え?

飼犬か?!?!
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-09-20 21:32 | ネタ帳的細道

レアキャラ現る!!

この連休中、満を持してで次妹と会ってまいりました。

我が次妹、その家族ですら
年に1度会えるか会えないかというレアキャラ
であります。

マシンガントークを旨とするこの私が(←くだらない旨で申し訳無い)
聞き役に回らざるを得ない、
数少ない、最上級のマシンガントーク可能な超レアキャラでもあります。

しかも私と彼女のトークは、相方ですら軽く引くほどの毒舌トークという
レアキャラと言うよりも、我が家のボスキャラでもあります。

で、当日。
妹の希望でラーメンを食したのち、
喫茶店に移ってノンストップトーク(爆)。

家族のことやら仕事のことやら・・・

姉妹とは言え、どっちが上とか下とかのない、対等な関係の私たち
(いや、むしろ、姉の私のほうが、目下なポジションな気が・・・)

仕事の悩みとかでも、結構「わかる!」ってところもあり。
なんていうの、立場的に(・・・え?もしかして、年令的に?)
色々年下の人たちに教えなきゃいけない場面もあるのが共通していて。

えぇ、それはもう、愚痴と言うかなんというか・・・

基本的に私のほうが聞き役って感じだったんだけど。
毒を持って毒を制すって感じ(爆)で。

私もかなりすっきりしました。凄い楽しかったし(笑)

姉妹でのお喋りって、友達とのそれとはちょっと違うよね。
友達だと、遠慮して言えないようなセリフも安心して言えちゃうような。

(これを読んでいるリアル友の方々、「あんた『遠慮』なんてないじゃん?」
っていうツッコミはご遠慮下さい(笑))
やっぱり友達だとこのレベル以上の発言はしちゃダメって言う
無意識の境界線ゾーンが存在するけれど。
姉妹だとそれが無い。
良い意味でも悪い意味でも、
何を言っても許されるという安心感がある。

(だから、相方が引くほどの毒舌トークが炸裂してしまうのですが・・・)

姉妹の有難さと言うか、その存在の貴重さを感じた夜でした。

あ。でもこれが三女になると、どうしても「ちっちゃい妹」って感じで、
またちょっと違った関係になるんだけどね。
ちっちゃい妹も既に24歳。しかももうすぐ2児の母という
三姉妹の中でも、ある意味、一番レベルが上がっていると言うのに
うちら(私と次妹)は彼女をどうしても子供扱いしてしまう。

そして相方母(←実は三姉妹の三女)に
「三女は三女なりに頑張っているんです!」と主張されてしまう。
相方母もお姉さんたちから色々心配(と言うか、多分、余計な口出し)
されて、結構、有難いけど、嫌だったんだって。(笑)

だから、妹たちがどう思っているかは、正直、微妙だったり・・・(爆)・・・

妹たちよ!こんな愚姉をこれからもよろしく!!
と、この場を借りてお願いしておこうっと。(←奴ら、読むのか?)
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-09-18 21:22 | 日々是細道

初めてのオツカイ???

さて、問題です!

これ、な~んだ??

c0048789_20283613.jpg


正解は・・・
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-08-29 20:40 | ネタ帳的細道

夫婦の時間

痛みに耐えて30年、良く頑張った!感動した!



本日、我が両親は結婚30周年の真珠婚式を迎えました。
(冒頭の文は私が送った祝電の文面(←おい!娘!!笑))

そして、娘は考えた・・・
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-07-14 22:58 | 思考の細道

タイミングの悪い男

一言、一言だけ、良いですか???




そりゃないぜ!! 

      ジダン!!


そして、もう1人のタイミングの悪い男、はこちら・・・
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-07-10 18:53 | ネタ帳的細道

エビで鯛を釣る

先日。
誕生日にワイン&ブリザーブドフラワーを送ってくれた次妹に
お礼の電話をしたところ。
約10日後には誕生日を迎える彼女は仰いました。

「私の誕生日には
○○っていう

枯れない花
(ブリザーブドフラワーがお気に入りらしい)と

除湿器

あ。そうそう、それから

布団

をくれればいいよ」





これはもしや・・・

家庭内悪徳商法?(爆)



次妹の冗談でしょ?と思った方。
あっま~~~~~い!!(スピードワゴン風に)
彼女はいたって本気なのですよ。恐ろしい。

しかも
布団ってところが、いかにも悪徳商法じゃないか!

ということで
加湿器を送ってあげることを計画中。(←悪魔のような姉)
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-06-29 22:42 | ネタ帳的細道

老人介護への細道

先日我が母から、コントのようなネタを頂いた。

休日。昼食後の昼寝から起きてきた我が父。
「俺、昼ご飯、食べたっけ?」

・・・これがいわゆる初期症状かと青ざめた母。

・・・の割にはしっかりネタにしている母

で、昨日。
今度は相方母と脳年齢やら老化脳などの話になり
我が父のネタを披露してみた。
(・・・さらにしっかりネタにする娘・・・)

が、しかし。

相方母、全くウケず。
・・・これがいわゆる「スベリ」症状かと青ざめる嫁。(←オイ!)

相方母曰く
「実は、うちもなんです!!!!」

はぁぁ!?!?!

聞けば、
とある休日、10時過ぎにブランチのつもりで
相方父にしっかり食事をとらせたのに
昼過ぎにリビングに下りてきた相方父が
「かあさん、飯」
・・・これがいわゆる初期症状かと青ざめた相方母。

ってなことがあったらしく。

「どこの家でも一緒なのね!安心したわ!」
と、急に元気になる相方母。

いやいや、お義母さま!
どこの家でもって、実例 2件だけですやん??

その夜の電話では
「あの人達、危ないんじゃないか?!」
と青ざめる長男長女な我が夫婦。

ちなみに我が家の祖母は、現在グループホーム入所中。
先日、何を思ったか
「7月から、kanzou父が転勤で、このホームに入ることになった」
と言っていたそうだ。
(ちなみに我が父の仕事は老人介護全く関係いたしません)

あぁ、ばあちゃん!
それも「ボケ」ですか?それとも「予知」ですか??


だがしかし・・・
[PR]
by asahi-kanzou | 2006-06-27 20:37 | ネタ帳的細道